体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大ひんしゅくを買ったベン・アフレックのタトゥーに親友マット・デイモンが反応

大ひんしゅくを買ったベン・アフレックのタトゥーに親友マット・デイモンが反応

マット・デイモンとベン・アフレックは、37年にわたって互いに良き同志であり続けている。世間ではベンの背中のタトゥーが大ひんしゅくを買っているが、マットはこれに対して粋な反応を示した。

世界の至る所で水にまつわる危機が起きているなか、途上国の人々が安全な水を得られるようにするため、マット・デイモンはゲイリー・ホワイトと共に慈善事業Water.orgとWaterEquityを立ち上げた。その告知としてTVショー『The Daily Show With Trevor Noah』に出演したマットは、司会のトレヴァー・ノアから話題を呼んでいるベンのタトゥーについて質問を受けた。

番組でのやり取りは以下のとおり。

トレヴァー・ノア:「ベン・アフレックとの交流はいつ終わったんですか? お二人の友人関係はいつ終わりましたか? もう友達ではない?」

マット・デイモン:「残念ながら、彼の気持ちを変えることはできないようです。彼のことは私が10歳の頃から知ってるから、もう37年になりますね」

トレヴァー:「あなたたちはまだ友人同士ということですか?」

マット:「残念ながら…そうです」

トレヴァー:「友人だったらなぜ、彼が背中にカラフルなドラゴンのタトゥーを入れることを止めなかったんですか。あのタトゥー、見ました?」

マット:「もちろん。でも、男同士で相手の背中に何をするかまで指図はできませんよ。彼の芸術的表現はすべて支持します」

[マットも観客も爆笑]

トレヴァー:「確かに。親友として完璧なコメントですね」

親友として良く出来た回答だが、これはあくまで公の場での発言だ。プライベートではベンに冷やかしの1つでも言っていることだろう。おそらくベンが演じたバットマンも散々揶揄していたはずだ。

ベンは当初、背中に彫られたフェニックスのタトゥーについて、映画『Live by Night』(原題)の撮影のためだと説明していた。その時はフェイクだと言っていたが、後に本物のタトゥーであることが発覚している。何にせよ、彼が望んで自分の身体に彫ったものなので、タトゥーをどうするかは彼次第である。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

まるで手品のような驚きのボディペインティングがネットで話題に
バーブラ・ストライサンド、亡くなった愛犬のクローン犬の動画を公開し話題に
天気予報に挑戦する幼稚園生が「可愛過ぎる」と話題に【映像】
ヘンリー・カヴィル、剃った口ヒゲを惜しんで動画を投稿し話題に
犬の横顔が「イヴァンカ・トランプにそっくり!」と話題に

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。