体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫エイズ・FIVキャリア猫を引き取るということ

3月16日~18日の3日間、もりねこ緊急譲渡会を開催、4匹の猫を譲渡することができました。譲渡会開催中に意中の猫を決めることができなかったお客様が、別日に足を運んでくださり、お家に迎えていただいたケースもありました。

のんびり過ごす仔猫たち

私はもりねこからFIV(猫免疫不全ウィルス感染症)のキャリア猫を引き取ったスタッフの一人です。現在、我が家に来てからもうすぐ2年が経とうとしています。かかりつけの動物病院の先生から「FIVを発症していると言っていいと思います。」と1年前から言われています。現在は主に口内炎の治療で、約10日に1回抗生剤とステロイド剤を注射しています。昨年はお腹に腫瘍が見つかり、生死をさまよいましたが、奇跡の復活を果たし、現在も自宅療養中です。

多頭飼育から来た猫達の多くがFIVでした

FIVのキャリア猫を引き取る時には、正直迷いました。「病気が発症したら
病院に通えるのか?」「医療費はどのくらいかかるのだろうか?」等、もりねこのスタッフに疑問点を全てぶつけ、自分達でも調べられることを調べました
その時、もりねこのスタッフに「死ぬ事を考えるより、生きている今を見つめてあげてほしい」と言われ、その一言で今の猫を引き取ることを決めました。

今はFIVを発症し、通院は大変ですが、苦痛に思ったことは一度もありません。この子を助けてあげられるなら、してあげられる範囲の事をしてあげたいと思っています。これはどの猫を引き取っても同じ事が言えると思います。

またFIVウイルスを持っていても発症しない猫もいます。我が家の猫は発症しましたが、それでも家でのんびり過ごし、今でもソファーをボロボロにする位爪とぎをします。

我が家の猫です。かまってアピール中です。

この子の後にも、FIVのキャリア猫を引き取るかもしれません。もりねこでは「FIVもひとつの個性」という紹介もしますが、その通りだと思います。FIVでもこの子がもたらす癒しや喜びには何の変わりもありません。

FIVという病気を必要以上に怖がらず、少しでも理解ある社会に進むように、もりねこでは努力し続けます。

 

著者:もりねこ

にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。