体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事の方が楽だった。でも育休中に過ごしたかけがえのない時間は宝物

f:id:akasuguope01:20180127131444j:plain

私は仕事を持ちながら2歳5ヶ月と0歳3ヶ月の子どもを育てているワーキングマザーです。

妊娠前までは朝早くから夜遅くまで好きなだけ仕事をして、夜勤や休日出勤、出張もしょっちゅう……10年以上、そんな働き方をしていました。

私の職場は、ありがたいことに産休や育休の制度が整っているので、長男を妊娠した時に産休・育休をいただきました。

長男を出産した際は、1歳6ヶ月になるまで育休を取得しました。

当初は、10年以上バリバリ仕事をしてきたし、育休中は子どもと一緒にのんびりしたいな……そんな甘い考えを持っていたものです。 関連記事:1秒でも無駄にすまいと全力疾走していたワーママの頃。「自分の幸せ」も考えたら見えたこと by tomekko

ですが、出産を経て育休に入ると、それはもう忙しい毎日でした。

昼夜を問わずミルクをあげたりオムツを替えたり、吐き戻しのたびに着替えに洗濯、さらに長男は抱っこ以外では寝ないし泣き止まない赤ちゃんだったので、ほぼ一日中抱っこです。はじめての育児に戸惑うこともしばしばありました。

そして、当時の私はシングルマザーでしたので、育児も家事も全てがワンオペです。泣き止まずに困り果てた時も、一晩中寝ない赤ちゃんを抱えて途方に暮れた時も、長男の病気が見つかった時も、頼るところなどありませんでした。

1年半の育休は日々の生活だけで精一杯のまま、あっという間に過ぎていきました。仕事をしている方がよっぽど楽! 何度そう思ったことでしょう。

その代わり、育休中には貴重な時間を過ごすことができたのも事実です。日々変化していく子どもの成長を間近で見られましたし、「ママ、ママ」と全力で愛情表現をしてくれる長男と常に一緒にいられたのですから。

抱っこをせがんで両手を大きく広げている姿や、眠くなって私の布団に潜り込んでくる時の表情、どれも大変可愛らしくて、私の人生の中でこんなにも誰かに必要とされることなんてあったかな、と思うくらいでした。

長男が保育園に通い始めた頃に聞いた、私には忘れられない言葉があります。それは、長男が通う保育園の園長先生に言われた言葉です。

「育休中にお母さんと密着して過ごした時間は、お母さんにとっても息子さんにとっても、かけがえのない財産ですよ」

ちょうど、仕事を始めて長男と離れる時間が増え、寂しい思いをさせているのではないかと悩んでいた時でしたので、心に響きました。

育休中に1対1で向き合って過ごした時間があるから、長男は保育園で、私は仕事でこれからも頑張れるのかな……今ではそう思うことができるようになりました。 関連記事:おもちゃもご馳走もいらないから。5歳の息子に言われた嬉しくて切ない事

f:id:akasuguope01:20180127131500j:plain

著者:orihime

年齢:33歳

子どもの年齢:2歳5ヶ月、0歳3ヶ月

本州最北端の地で、2歳5ヶ月の甘えん坊な長男と0歳3ヶ月の食いしん坊な長女の2人育児に奮闘中です。シングルマザーを経験した後、現在の夫と知り合いステップファミリーになりました。海と山以外は何もない田舎暮らしですが、家族で賑やかに暮らしています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

育休は取ったものの復帰できるか不安。ギリギリまで保育園を検討してなかったけど…
ワーキングマザー歴10年。トライ&エラーの日々で学んだ2つのこと
正社員ではなくパートとして復帰。働くママはとてもとても大変だった!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。