体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電通、「キャプテン翼」(2018年製作版)のアジア/オセアニアにおける番組販売権など独占で獲得

電通、「キャプテン翼」(2018年製作版)のアジア/オセアニアにおける番組販売権など独占で獲得

 高橋陽一の漫画「キャプテン翼」を原作にした2018年製作版アニメ新シリーズについて、株式会社電通が、アジア/オセアニアにおける番組販売権、商品化権、広告使用権を独占で獲得したと3月28日発表した。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「キャプテン翼」は集英社・週刊少年ジャンプで1981年に連載開始。小学生・大空翼を主人公に、少年らがサッカーにかけるひたむきな情熱と成長などを描いた作品で、1983年にはテレビアニメ第1作が放送開始。国内でサッカーブームを巻き起こした。またアニメは世界50か国以上で放送。このため、国内外問わず後のプロサッカー選手の多くにサッカーをはじめるきっかけを与えたことでも知られている。

 これらの影響から「キャプテン翼」の認知度は未だ海外でも高く、香港やインドネシアで70%程度と非常に高い。(ジャパンブランド調査2017年)

 電通によると、今後同社では海外グループ会社と連携し、「キャプテン翼」(2018年製作版)の権利を活用しながら、海外におけるスポーツ振興とビジネス開発を推進。さらに各国サッカー協会との連携により、スポンサー企業各社に対するスポーツマーケティング機会の創出を行っていくとしている。

※アジア、オセアニアの対象国・地域
中国、台湾、香港、マカオ、モンゴル、韓国、グアム、北マリアナ諸島、アフガニスタン、イラン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、バーレーン、イラク、ヨルダン、クウェート、レバノン、オマーン、パレスチナ、カタール、サウジアラビア、シリア、UAE、イエメン、バングラデシュ、ブータン、インド、モルジブ、ネパール、パキスタン、スリランカ、オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、東ティモール、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、アメリカ領サモア、クック諸島、ソロモン諸島、タヒチ、トンガ、ニューカレドニア、ニュージーランド、バヌアツ、パプアニューギニア、フィジー

関連記事リンク(外部サイト)

P.A.WORKS新作は「色づく世界の明日から」 2018年秋スタート
特濃ご当地感マシマシ!「行列のできる店のラーメン×ラーメン大好き小泉さん」コラボ動画
「カードキャプターさくら」友枝中学・女子冬服がコスパティオから登場

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。