体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

運航コスパ最高のボーイング787-10初納入、5月に関空−シンガポール線就航

米航空機メーカー大手ボーイングは、同社の最新機「ボーイング787-10ドリームライナー」をシンガポール航空に初納入した。

前世代機よりも燃費が25%改善され、中型ジェット機の中で1座席あたりの運航コストが最も低いのが特徴。

シンガポール航空は乗務員トレーニングのフライトを行なったのち、5月から関西−シンガポール線、パース(豪州)−シンガポール線に投入する。

・胴長デザインで客席増

787-10のデザイン特徴は「胴長」であること。全長68.3メートルと787-9型機に比べて5.5メートル長い。胴長であることは客席数を増やせることを意味する。

2クラス設置した場合の標準座席数は330で、787-9型機より40席多い。また、貨物スペースも15%広くなっているとのこと。

・採算性アップ

パフォーマンスをみると、機材の軽量化などにより航続距離は1万1910キロメートル。中型機にしては長く、大型機を飛ばしていた路線にこの787-10を投入することで、航空会社にとっては採算性がアップする。

また、新たな路線開設の可能性も広がる。中長距離を飛ばす時、大型機だとコスト的に見合わなくても中型機であれば採算がとりやすくなるからだ。

シンガポール航空は今回の787-10型機にビジネス36席、エコノミー301席を配置。5月3日に関空—シンガポール(チャンギ)線に就航する予定となっている。

Boeing

Singapore Airlines

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。