体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知っておきたい「日南」の人気スポット10選(宮崎)

知っておきたい「日南」の人気スポット10選(宮崎)

かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、県南にある「日南市」

きれいな海岸線や歴史的な建造物があるだけでなく、地方創生の新しい取り組みに積極的な街として注目されています。そんな日南を旅するときに押さえておきたいスポットを紹介しましょう。

01.
南国への入り口
「日南海岸」

知っておきたい「日南」の人気スポット10選(宮崎)

「日南海岸」は、晴れた日には欠かすことのできないスポット。広々とした太平洋を、ドライブしながら眺めることができます。

また、波打ち際にある「鬼の洗濯板」と呼ばれる珍しい岩も、この海岸線ならでは。さらに、南国感を演出するフェニックスの木が、常夏の雰囲気を醸し出してくれるのも特徴的です。

窓を全開にして、波の音と潮の香りを感じながらのドライブは病みつきになるはず。

02.
日南の経済を支える
「堀川運河」

戦前はマグロや飫肥杉で栄えた、港町油津。さらに前の室町から江戸時代にかけては、海上交通の戦略拠点や琉球、東アジアとの勘合貿易の拠点として、南九州を代表する漁港でした。そんな日南の街の経済を古くから支えてきたのが「堀川運河」です。この運河を通して、船材や建材として用いられていた飫肥杉が油津漁港へと運ばれていたのです。

戦後になって利用される機会は減りましたが、運河の歴史的景観を保存しよう、と市民から声があがりました。そして1992年、映画『男はつらいよ 寅次郎の青春』のロケが行われたこともあり、運河保存や環境美化活動の取り組みが見直されるようになったのです。

かつては経済を支えた堀川運河も、今では市民の憩いの場として使われています。

03.
街を見守るモアイ像
「サンメッセ日南」

知っておきたい「日南」の人気スポット10選(宮崎)

太平洋を背に並ぶ、7体の巨大な像。

日南海岸を南下していくと、見晴らしの良い高台に見えてくるのがサンメッセ日南です。ここには、イースター島の長老会から世界で初めて復刻することを許されたモアイ像があります。でも、どうしてこの日南にモアイが…?

イースター島は、1995年にラパ・ヌイ国立公園としてユネスコ世界遺産に登録されましたが、80年代後半までは過去の部族間の争いや地震の被害で、島全体が荒廃していました。そんな状況を見て、日本で「モアイ修復委員会」が結成され、現地で約3年間にも及ぶ修復作業を行なったのです。

その後、長老会は修復チームの希望に応え、イースター島と似た「海を眺望できる景観」がある日南に、モアイ像復刻の許可を出したのです。まるで、街を見守るかのように設置されています。

ちなみに、レストランや岩盤浴などもあり、ドライブ休憩にも使えますよ。

04.
ドキドキな水中観光
「マリンビューワーなんごう」

船上で潮風を感じながら「気持ちいい!」と伸びをする。船旅にはなんとも言えない心地よさがあると思うんです。でもそれが、“水中”にまで降りていくとなったら…。大人でもワクワクするくらい楽しいはず。南郷にある外浦港を出発すると、島巡りや水中観光ができるマリンビューワーなんごうがあります。

なんといってもオススメは、窓越しにできる「水中観光」。魚の群れや海底など、普段なら見ることのできない景色を楽しんでください。

05.
食べ歩き×歴史
「飫肥城下町」

知っておきたい「日南」の人気スポット10選(宮崎)
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy