体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルーレイ・DVDはコピーだけで違法なるのか?

ブルーレイ・DVDはコピーだけで違法なるのか?

ブルーレイ・DVDのコピーに関して「技術的保護手段(アクセスコントロール)」の回避を違法化した著作権法の改正が行われたのは2012年です。しかし、大切なデータを守るためにはディスクのバックアップは必須。そこで、ブルーレイ・DVDコピーの合法・違法ラインを見ていきましょう。

ブルーレイ・DVDコピー合法ライン

著作権法改正などの動向からも分かる通り、現在ブルーレイ・DVDのコピーを行う際に法的な知識は必須。「技術的保護手段」に該当するプロテクトを回避して、ブルーレイ・DVDをコピーする行為は違法です。

しかし一方で、プロテクトが施されていないオリジナルブルーレイや廉価版DVDであれば、コピーは合法となります。うっかり違法行為に手を染めないためにも、まずは正しい合法・違法のラインを確認しておきましょう。

ブルーレイ・DVDコピーで合法ラインは、プロテクトの掛かっていない市販DVDのコピー、自分で作成したオリジナルブルーレイ・DVDのコピー、プロテクトを解除できるリッピングツールをネットで入手することです。

ブルーレイ・DVDコピー違法ライン

違法となるのは、市販ブルーレイ・DVDソフトのプロテクトを解除したコピー、市販ブルーレイ・DVDソフトのプロテクトを解除してスマホ用に変換すること、プロテクトを解除できるリッピングツールをネットで配布することになります。

なお、ブルーレイ・DVDの主なプロテクトには、BDが「ACSS」「BD+」「Cinavia」、DVDが「CSS」「CPRM」「RipGuard」が存在。ブルーレイ・DVD共通のプロテクトが「リージョンコード」「マクロビジョン」「カラーストライプ」です。

個人に対する罰則はありませんが、現状これらのプロテクトを解除して行うブルーレイ・DVDのコピーは違法となります。著作権保護機能が施されたブルーレイ・DVDのコピープロテクトを解除する行為は法律で禁じられているのです。

さらに、これらのプロテクトを解除するソフトや機器を販売・頒布する行為は不正競争防止法違反となり、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金または併科となります。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy