体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

同棲・結婚生活の参考に! 新婚さんに聞いた、結婚を見据えた二人暮らしの部屋探しのコツ

暮らしを長期的に見据えた堅実で賢い部屋選びとは?

二人の愛を育て、今後の人生に大きな影響を与えるであろう部屋探し。今回は西東京市に住む先輩夫婦に、二人暮らしのあれこれについて聞いてきた。
広いリビングでくつろぐ斎藤さんご夫婦。先輩カップルに、二人暮らしの部屋探しのコツを聞いてみよう!|同棲・結婚生活の参考に!新婚さんに聞いた、結婚を見据えた二人暮らしの部屋探しのコツ

広いリビングでくつろぐ斎藤さんご夫婦。先輩カップルに、二人暮らしの部屋探しのコツを聞いてみよう!プロフィール

名前:斎藤翔太さん(25歳)、斎藤千種さん(28歳)
居住地:東京都西東京市
アルバイト先の飲食店で知り合い、2年間の同棲を経て2017年9月に入籍。家族が増えることも考え、2LDKの賃貸マンションに引っ越した。ルームデータ

築年数:築20年
家賃:8万6,000円
間取り:2LDK
建物:鉄骨鉄筋コンクリート造1階/3階建て
ゆったり二人で暮らせる2LDKを選んだのは将来を考えてのこと|同棲・結婚生活の参考に!新婚さんに聞いた、結婚を見据えた二人暮らしの部屋探しのコツ

ゆったり二人で暮らせる2LDKを選んだのは将来を考えてのことすれ違う二人をつなぐ今日一日のできごと報告

昨年9月に入籍したという斎藤さん夫婦。長かった同棲生活を一度解消し、お互いの実家暮らしで結婚資金を貯めてから、新居探しをスタートさせたという堅実なカップルだ。

翔太さんが国家資格を取得し、正社員として働き始めたことをきっかけに結婚へ踏み出したという二人だが、実は互いの休みがなかなか合わず、すれ違いが多いのが悩みだという。

飲食店で店長を務める千種さんは早朝から夜遅くまで拘束されることも多く、休みは平日がほとんど。一方翔太さんは月曜日から土曜日まで整骨院勤務。翔太さんの月2回の平日休みが千種さんと重なれば、やっと一緒の休暇が取れるというタイミング頼みだ。

そんな二人をつないでいるのは、翔太さんが千種さんの帰宅を待って捻出する会話の時間。

「僕が食事を用意したり、駅まで迎えに行きがてら外食をするなど、必ず一日の報告をし合ってその日を終えるようにしています」と翔太さん。

もともと同じ飲食店で店長とアルバイトとして出会った二人。飲食業の大変さや勤務形態に対して理解があるという翔太さんに対し「その寛容さや優しさがなければ結婚には至らなかった」と話す千種さん。仕事を持つ者同士の結婚や同棲は「キリキリせず、お互いを思いやる気持ちが大切」なのだそう。

そんな二人の一番お気に入りの場所は、日当たりの良いリビングルーム。気が付けばいつのまにか二人でソファに腰掛けてくつろいでいる。テレビ前に置かれているこだわりのサウンドバーとサブウーハーで、翔太さんは臨場感あるゲームプレイを、千種さんは大好きなアーティストのライブDVDをリアルに楽しむのが休みの日の過ごし方。

一方、2つの部屋はお互いの好きな物でそれぞれ埋め尽くされ、独身時代の部屋を彷彿とさせる。共働きカップルにとって好きなものはとことん追求し、お互いの趣味を尊重し合える大人の住環境が、平和で和やかな新生活の秘訣なのかもしれない。
テレビのモニター前にあるサウンドバーは生活に欠かせないアイテム|同棲・結婚生活の参考に!新婚さんに聞いた、結婚を見据えた二人暮らしの部屋探しのコツ

テレビのモニター前にあるサウンドバーは生活に欠かせないアイテム
千種さんの大好きなキャラクターのジグソーパズルとアーティストのアルファベット・オブジェ|同棲・結婚生活の参考に!新婚さんに聞いた、結婚を見据えた二人暮らしの部屋探しのコツ

1 2 3 4次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。