体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チャンス・ザ・ラッパー、ハイネケンのCMが人種差別的と指摘

チャンス・ザ・ラッパー、ハイネケンのCMが人種差別的と指摘

 チャンス・ザ・ラッパーがオランダのビール会社ハイネケンの最新キャンペーンが人種差別的であると指摘している。

チャンス・ザ・ラッパーによる投稿

 ハイネケンは、“Sometimes, lighter is better” (ライトな方がいい時もある)というコピーでキャンペーンを展開しているが、この“light”には“軽い”という意味の他に“色が薄い”という意味もあり、コマーシャルではバーテンダーが放ったビール瓶が黒人女性や黒人ミュージシャンを素通りし、白人女性のもとに届くという内容となっている。

 チャンスは2018年3月25日にTwitterで、「再生数を稼ぐ為にわざと明らかに人種差別的な広告を出している会社があると思う。そしてそのクソ(みたいな広告)は人種差別的で誠意がないから、それについて投稿することで手を貸すのも良くないんだろうけどさ。でも言うしかないだろう。ハイネケンの“sometimes lighter is better”CMは恐ろしく人種差別的だな、OMG」と投稿した。

 その後も彼は怒りが収まらなかったようで、「別にボイコットしろとか炎上させろとか言ってるんじゃない。ただ、こういうことがあまりにも多いってことに言及しているんだ。奴らは消費者やTwitter利用者やフリーランサーとかをからかってるんだと思う。俺だってこれについてものすごくツイートしたかったわけでもないけど、しないわけにもいかないと言うか」と補足している。

◎ハイネケンのCM
https://ispot.tv/a/wQHP

◎チャンス・ザ・ラッパーによる投稿
https://twitter.com/chancetherapper/status/978078809995046912
https://twitter.com/chancetherapper/status/978080933050974208
https://twitter.com/chancetherapper/status/978082289207988231

関連記事リンク(外部サイト)

チャンス・ザ・ラッパー、チャイルディッシュ・ガンビーノとレコーディングしたことを明かす
チャイルディッシュ・ガンビーノ&レイ・シュリマー、大規模なアリーナ・ツアーを発表
チャイルディッシュ・ガンビーノ、【グラミー賞】受賞でEGOT達成まであと半分も「それにはかなり働かなきゃ」 

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy