体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「妖怪障子破り」との戦いついに決着か? 猫VS超強プラスチック障子

「妖怪障子破り」との戦いついに決着か? 猫VS超強プラスチック障子

 障子やふすまは日本家屋ならまず間違いなく存在する、日本の伝統的な建具。子供が小さいうちはよく障子に穴を開けられては貼りなおす、という作業を繰り返していましたが猫でも同じ現象は頻発します。時には「妖怪障子破り」と揶揄されるくらいには……。

 そんな「妖怪障子破り」との永遠の戦いに、ついに決着をつけた人がいるようです……。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 エキゾチックショートヘアという種類の女の子である「こたつ」ちゃんの飼い主であるツイッターユーザーのえとさんが投稿した動画。

 「妖怪障子破り VS 超強プラスチック障子」と称してツイッターに投稿したところ、そのこたつちゃんの姿があまりにも可愛らしいためか一気に拡散。普通の紙でできている障子から超強プラスチック障子に張り替えたところ、こたつちゃんはついに障子を突破できなくなったようです。

妖怪障子破り VS 超強プラスチック障子 pic.twitter.com/onrxXTCwRr

— えと (@eto9) March 26, 2018

 この動画を見た人からは「猫さん必死過ぎて可愛い」「猫VS障子の戦いに終止符が打たれた」「人間の技術力の勝利」「(可愛くて)キュン死する」といった声が集まっている一方、「うちもこの障子に変えて勝利をおさめました」「同じく張り替えて破られるストレスから解放された」という声も。

 しかし、「プラスチック障子にしても結局破られた」「これに張り替えたら障子の骨ごと突破された」という猫も……。実は筆者宅の猫も、プラスチック障子に張り替えても障子を貼り付けている両面テープを体当たりでぶち破って障子を突破してしまうという猛者でした……。近頃引越した先には障子がないのでその苦労からは解放されましたが、年に何度も障子を張り替え、しかも猫が全力で爪を立てて障子に立ち向かっていくので格子がボロボロになっていくのは何度も心が折れそうになるほど。

 この動画のこたつちゃん、飼い主のえとさんによると「普段は膝の上で寝るのが好きなおとなしい子なのですが、障子に怨みがあるのか破ろうとする時だけ激しくなる」という事だそうで……猫ってなんでそんなに障子に対して親の仇の様な扱いをするの??
 謎を感じる、猫と障子の関係ですがひとまずは人間の勝利、でいいのかな……?

<記事化協力>
えとさん(@eto9)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

菜の花畑の線路に現れた謎の乗り物 汽車でもトロッコでもないそれは……
いざという時に覚えておきたい公衆電話の使い方。お子さん、使い方知っていますか?
何とも言えない表情…大阪天神橋をざわつかせている「たばこの墓場」知ってる?

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。