体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

菜の花畑の線路に現れた謎の乗り物 汽車でもトロッコでもないそれは……

菜の花畑の線路に現れた謎の乗り物 汽車でもトロッコでもないそれは……

 3月も終わりに近づき一気に春めいてきました。春の花も咲き始め、お花見にお散歩にちょうどいい季節に。そんな中、小湊鐵道のある線路上でみた謎の光景がツイッターに投稿され話題となっています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 この光景は、鉄道風景を主に撮影しているまるさんが撮影されたもの。「列車の時間じゃないのに音がすると思ったら見たことないのがきました!小湊鐵道 上総大久保-養老渓谷 本日撮影」と、菜の花畑を横切る線路に見た事のない列車(?)が……。

列車の時間じゃないのに音がすると思ったら見たことないのがきました!
小湊鐵道 上総大久保-養老渓谷 本日撮影 pic.twitter.com/UeMZ4WaynF

— まる (@trainjrhokkaido) March 24, 2018

 これは列車でもトロッコでもない何か。線路の上をバイクの様な形をしたものに乗った人が、後ろの台車2つを引いている様に見えます。その台車も、板に車輪を付けただけの簡素なもの。その上にそれぞれ人が乗っており、計3人が線路上にいるという状態。

 目撃した人からは「資材を乗せて運ぶための作業用車両では」「点検作業じゃないかな」といった反響が寄せられています。ちなみに、撮影者のまるさんによると、撮影場所は石神の菜の花畑の裏の道路からとの事。線路の敷石の保全作業ではないかとの事です。

 筆者も初めて見る光景に「なんだこれは??」となったので小湊鐵道に聞いてみたところ、この謎の乗り物、小湊鐵道が所有している「軌道バイク」というものだそうです。

 小湊鐵道は全線非電化の鉄道路線で、主に使われているのは気動車なのですがこの軌道バイクなるものは車道を走るオートバイを改造して線路上を走らせる様にしたもの。バイクのエンジンだけを載せている訳ではなくバイクの形状を生かした形になっている模様。鉄道マニアの間では有名で人気も高いのだとか。

 過去にはこの軌道バイクや同じ構造の自転車バージョンである「軌道自転車」なるものの体験運転もやっていたようです。なかなか面白い体験ができそうなイベントですね。小湊鐵道の担当者の話によると、この軌道バイクは現在は体験の予定はないという事で菜の花畑の中の路線も営業路線なので体験イベントに使う事はないとの事。通常運行に支障がでてしまっては元も子もないですもんね。市民の足でもある鉄道なので、長く守っていきたいですよね。

 菜の花畑をダイレクトに感じられそうなこの光景、無理だと分かっていてもやっぱり体験してみたくなりますね。暖かい春の風を受けて走るの、気持ちよさそう。

<記事化協力>
まるさん(@trainjrhokkaido)
小湊鐵道

<参考>
軌道バイク・軌道自転車運転体験会員募集(平成27年・小湊鐵道)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

いざという時に覚えておきたい公衆電話の使い方。お子さん、使い方知っていますか?
何とも言えない表情…大阪天神橋をざわつかせている「たばこの墓場」知ってる?
神磯の鳥居。写真におさめられた大洗磯前神社鳥居の姿に「幽玄の世界感」

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。