体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『かもめ食堂』のロケ地「カフェ・アアルト」の絶品アップルケーキ現地ルポ

「かもめ食堂」のロケ地にもなった「カフェ・アアルト」の美味しすぎる絶品アップルケーキ
フィンランドを舞台に3人の日本人女性たちのほっこりした生活が描かれた映画「かもめ食堂」。この映画を見てフィンランドが好きになった人も少なくないはず。映画の人気が出てから、「かもめ食堂」のロケ地をまわられる方も多いのではないでしょうか?

そのロケ地のひとつ、ヘルシンキ駅からほど近い場所にある「アカデミア書店」の中の「カフェ・アアルト」は地元の人たちに愛されているカフェです。今回はゆったり地元民になった気分になれる「カフェ・アアルト」を紹介します。

本屋の一角にある「ちょっとした休憩所」

「かもめ食堂」のロケ地にもなった「カフェ・アアルト」の美味しすぎる絶品アップルケーキ
「カフェ・アアルト」がある「アカデミア書店」は、フィンランドを代表する建築家、アルヴァ・アアルトが手掛けた書店です。北欧ではおなじみのデパート「ストックマン」に併設されており、ヘルシンキ駅からはほど近く、にぎやかな場所にあります。

「かもめ食堂」のロケ地にもなった「カフェ・アアルト」の美味しすぎる絶品アップルケーキ
店内は、中央は3階まで吹き抜けになっており、ロの字型に周りを回廊で囲んだ開放的な作りになっています。

もちろん、本屋さんなので様々なジャンルの本が置いてありますが、せっかくなのでフィンランドに来た記念に、フィンランド語の本を買って帰るのもいいかもしれませんね。

アアルトで満たされた店内

「かもめ食堂」のロケ地にもなった「カフェ・アアルト」の美味しすぎる絶品アップルケーキ
「カフェ・アアルト」は、2階の奥のほうにお店を構えています。映画で見た時よりもこじんまりしていて、「あれ?こんな感じなの?」という規模ですが、平日だというのに店内はお客さんでいっぱいです。

店内で使われているものは、ほとんどがアアルトがデザインしたものだとか。大理石のテーブルも、チェアーもペンダントライトも。建築が好きな人にはたまらないかもしれませんね。

「かもめ食堂」のロケ地にもなった「カフェ・アアルト」の美味しすぎる絶品アップルケーキ
映画の中では、この本屋さんでヘルシンキで食堂を営む主人公のサチエさん(小林聡美)が、単身で日本からやってきたミドリ(片桐はいり)に出会い、「ガッチャマンの歌」を教えてもらうという場面で使われています。

バニラソースをかけたアップルパイが絶品!

「かもめ食堂」のロケ地にもなった「カフェ・アアルト」の美味しすぎる絶品アップルケーキ
「カフェ・アアルト」ではもちろん美味しいケーキや食事もいただけます。ブルベリーパイが美味しいらしいのですが、筆者がオススメしたいのが、アップルケーキです!

「かもめ食堂」のロケ地にもなった「カフェ・アアルト」の美味しすぎる絶品アップルケーキ
このアップルケーキは、しっとりした生地に甘く煮詰めたアップルがたくさん詰まってて、どっしりとした食感。思った以上の満足感です。

「かもめ食堂」のロケ地にもなった「カフェ・アアルト」の美味しすぎる絶品アップルケーキ
そして、何よりもケーキのおいしさの決め手は、一緒に出されるバニラソース!このバニラソースをかけてケーキを食べると、何とも言えない幸福感に見舞われます。

ポイントは遠慮することなくバニラソースを全部かけてしまうこと!アップルの甘酸っぱさと、しっとりしたケーキ生地、そして甘さ控えめなバニラソースに、至福のひと時を味わえますよ。

異国の本巡りの後に

「かもめ食堂」のロケ地にもなった「カフェ・アアルト」の美味しすぎる絶品アップルケーキ
地元の人たちが集まる「アカデミア書店」の中にあるという場所柄、本を買いに来た人たちの休憩場所といった感じになっている「カフェ・アアルト」。ヘルシンキに暮らしているみたいな気分を味わいたかったら、ぜひ訪れてみてください。もしかしたら、素敵な本との運命の出会いもあるかもしれませんよ。

Cafe Aalto
Academic bookstore, 2nd floor,
Pohjoisesplanadi 39, 00100
Helsinki, Finland
http://cafeaalto.fi/

[All Photos by Kaori Simon]
『かもめ食堂』のロケ地「カフェ・アアルト」の絶品アップルケーキ現地ルポ

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。