体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SKY-HI、ブルーノ・マーズを大絶賛! 成功の裏では多くの苦労も

SKY-HI、ブルーノ・マーズを大絶賛! 成功の裏では多くの苦労も
J-WAVEで放送中の番組「MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY」(ナビゲーター:グローバー)。3月24日(土)のオンエアでは、SKY-HIさんと音楽評論家・丸屋九兵衛さんをゲストに迎え、「ブルーノ・マーズ」の魅力を語ってもらいました。

1985年ハワイ生まれのブルーノ・マーズは、高校卒業後LAに移住し、プロデューサーチームを結成します。シンガーとしてB.o.Bやトラヴィー・マッコイの作品に参加したブルーノ・マーズは、ファーストアルバム「Doo-Wops & Hooligans」(2010年)をリリース。そこに収録されたシングル「Just the Way You Are」は、全米チャート4週連続1位を獲得します。計3枚のフルアルバムを発表し、2018年のグラミー賞では、ノミネートした全6部門を制覇。さいたまスーパーアリーナで開催される来日公演は4日全てソールドアウトしており、日本でも大人気です。

■丸屋九兵衛「ブルーノ・マーズを誰も雇わなかった」

SKY-HIさんと丸屋さんにブルーノ・マーズとの出会いについて伺いました。

SKY-HI:B.o.B「Nothin’ On You」のフィーチャリングで知りました。強いインパクトというのはなくて、ジェイソン・ムラーズやマイケル・ブーブレとか、そういう感じの印象でした。気になり始めたのは、マーク・ロンソンがプロデュースした「Locked Out Of Heaven」から。マーク・ロンソンの、音数が少ないドラムだけでコントロールしている楽曲は、ラップ向きでボーカルが試されるんです。ラップしやすい曲で、彼が歌で正解を出したのは衝撃的でした。

丸屋:ブルーノ・マーズの仕事流儀というものを認識したのは、ファーイースト・ムーヴメントの「Rocketeer ft. Ryan Tedder」という曲です。歌ってるのはライアン・テダーなんですけど、すっごくブルーノ・マーズなメロディなんですよ。掘り返してみたら、ファーイースト・ムーヴメントの2009年のアルバム「Animal」が、録音物としての歌手デビューだったらしいです。

丸屋:(中略)調べてみると、2010年に彼はソロデビューしてますけど、随分苦労していたんです。高校生兼ライブミュージシャンとして働いていて、お金も潤沢にあったのに、LAに移住したら金欠になって。「俺DJできるよ」とウソついて30分くらいでクビになったり(笑)。シンガーになろうとしても誰も雇ってくれないので、ソングライターに切り替えたら成功したっていう。

■SKY-HI「完全にトレンドセッター」

ブルーノ・マーズについて、SKY-HIさんは「『Uptown Funk』以降は完全にトレンドセッターになってる。しかも嫌われない」と絶賛。丸屋さんに一番好きな曲を訊くと「アルバム『24K Magic』のほとんどの曲。だって完成度高すぎでしょ」と回答しました。おふたりの“ブルーノ・マーズ愛”が詰まったトークは次回31日(土)も続きます。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY」
放送日時:土曜 17時−17時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/musicology/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。