体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乃木坂46・齋藤飛鳥「天才的な方ですから」…声に惚れ込む人物って?

乃木坂46・齋藤飛鳥「天才的な方ですから」…声に惚れ込む人物って?
J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、英語初心者である乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。 3月24日(土)のオンエアでは、齋藤イチオシの洋楽から英語を学びました。

■齋藤飛鳥が語る、ポール・ウェラーの魅力

今回、齋藤がオススメしたのは、ポール・ウェラーがかつて在籍していたバンド、The Jamの「Down In The Tube Station At Midnight」です。ポール・ウェラー好きな齋藤に対して「なぜそんなに好きなんですか?」とハリーが訊くと、次のように答えました。

齋藤:声が好き。「あの時代にあの服か」というのもいい。なんといっても天才的な方ですから、みんな大好きなんじゃないですかね。ライブも楽しかったです。

■「Down In The Tube Station At Midnight」から英語を学ぼう!

そんなポール・ウェラーが手がけた「Down In The Tube Station At Midnight」。タイトルにある「The Tube」は「地下鉄」の意味。アメリカの「Subway」に対して、イギリスでは「The Tube」もしくは「Metro」と呼びます。

「深夜、地下鉄に下りていったら」という意味の同曲。ハリーは、その歌詞を以下のように要約しました。

ハリー:終電を逃してしまった。家に持っていくはずのカレーとワインを持っているけど、どうしよう。そうしたら、悪い奴らに目を付けられてしまって、「お前、金あるのか?」と。「ちょっとあるかもしれない」と、軽く冗談で言ったらボコボコにされた。

物騒な内容に、齋藤は「え〜、知らなかったな。爽やかに歌っているのに(笑)」と驚いた様子。ハリーの要約した歌詞を見ながら、ぜひ同曲を聴いてみてください。

■映画『グレイテスト・ショーマン』の主題歌「This Is Me」内の印象的フレーズ

後半では、先日番組でも取り上げた映画『グレイテスト・ショーマン』について、リスナーからの質問にハリーが答えました。

リスナー:主題歌「This Is Me」で印象的なフレーズはありますか?
ハリー:「I’m not scared to be seen, I make no apologies, This is me」のフレーズ。「自分は誰かに注目されたり、いろんな風に捉えられても、もう気にしない。自分はごめんなさいと言わない。なぜなら私は私だから」。自分の存在価値や自尊心を傷つけられたりすると、人ってネガティブにいっちゃうんですが、全部とっぱらって「This is me」(私は私)。ぶれないから、あなたが感じるのは自由だけど、私はしたいように生きますよっていう。

齋藤も、歌詞の内容を聞いて「素敵な歌。映画も見たい!」と興味を示しました。映画『グレイテスト・ショーマン』の主題歌「This Is Me」を理解してから観に行くと、一層楽しめるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy