体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「月の引力が見える町」太良町へ直行 佐賀空港リムジンタクシー太良路線4月1日から運行開始

「月の引力が見える町」太良町へ直行 佐賀空港リムジンタクシー太良路線4月1日から運行開始

 今年開港20周年を迎えた九州佐賀国際空港(以下、佐賀空港)は、干満差日本一の有明海に面した「月の引力が見える町」として、食や観光資源が豊富にあり幅広い旅行客に人気の佐賀県太良(たら)町と空港を結ぶリムジンタクシーの新路線「太良路線」の運行を4月1日から開始します。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 佐賀空港は、周辺地域への交通アクセスの利便性を高めるため、2004年から空港を発着する航空便全便に対応した乗合制タクシーを運行しています。佐賀県内だけでなく、福岡県の久留米・大牟田地域もカバーしており、各地域の指定昇降場所と佐賀空港の間をノンストップで運行し、運賃は1000円〜2000円、1人でも利用できます。このため開始以来好評で、年間利用者数の増加に伴って運行路線数も増加、今回の太良町地区で19エリア目となります。

 太良町地区への新路線「太良路線」は、太良町営球場前(JR長崎本線・多良駅近く)、太良町役場 大浦支所(たら竹崎温泉の旅館街で、JR長崎本線肥前大浦駅近く)の2箇所で乗降可能。佐賀空港までの平均所要時間は、太良町営球場前からは約70分、太良町役場 大浦支所からは約90分です。

 太良町は東に有明海を望み、有明海に浮かぶ月が幻想的な「月の引力が見える町」として知られており、最近では大魚神社と沖ノ島を結ぶ浅潮に立ち、潮の干満によって表情を変える「海中鳥居」が人気の観光スポット(佐賀県遺産)として人気を集めています。

 また、凝縮した旨味で全国からファンを呼ぶブランド蟹「竹崎カニ」(ワタリガニ)は、夏はオス、冬はメスと年間等して楽しむことができるのも魅力です。冬にはこのほかにも、全国のカキ小屋発祥の地として有名な、大きく・甘く・縮まない「竹崎かき」が食べられる「太良かき焼海道」も。さらに年中50種類以上の品種が栽培されている「太良みかん」……といった絶品グルメを求める旅行者で賑わいます。

 宿泊面でも、有明海を望む「たら竹崎温泉」があり、魅力十分。リムジンタクシーにより、佐賀空港からのアクセスも大幅に向上することになります。

 このリムジンタクシー「太良路線」(運賃:大人片道2000円・12歳未満の小児は1000円/大人1人につき抱きかかえ幼児1人無料)は事前予約制。利用の際は利用の前日17路までに電話予約((有)再耕庵タクシー:0954-62-2171)が必要です。

画像提供:佐賀県

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

NIGO for IQOS第2弾・THE CAMO COLLECTION登場
「知名度低い」「アピール下手」自覚する熊谷組 新卒採用の悩みを赤裸々告白
KADOKAWA、アスキー事業の移管を発表 時期は4月1日

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。