体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾の朝ごはんを日本でも食べたい!おいしい鹹豆漿を日本でも食べるには?

台湾グルメは旅の醍醐味!朝ごはんは?

台湾の朝ごはん!台湾で日本で読んで食べる。
(c)台湾大好き編集部

台湾へ旅行する理由は、ひとそれぞれいろいろだと思いますが、おいしい台湾ご飯は、たいていの人が楽しみにしていることだと思います。地元の人たちにも人気のレストランに出かけて本格的な料理を楽しんだり、夜市に出かけてB級グルメを食べ歩いたりと、おなかが一つでは足りないくらいです。

そして朝ごはん。台湾の人の多くが朝ごはんを外で済ませると言いますから、おいしいものが充実しているに違いありません。ホテルの朝食はあきらめてでも、街に出ておいしいものを食べてみたくなります。

「台湾の朝ごはんが恋しくて」という本が発売されました。

台湾の朝ごはんて?

台湾の朝ごはん!台湾で日本で読んで食べる。
(c)台湾大好き編集部

この本では、その名も「台湾大好き編集部」が選んだ20の朝ごはんのお店の魅力が、再現レシピと共に紹介されています。お粥、豆乳スープ・鹹豆漿(シェンドウジャン)に、台湾式クレープともいえる蛋餅(ダンビン)、蒸した包子(パオズ)に、ビーフンスープ・米粉湯(ミーフェンタン)など、台湾の伝統的な朝ごはんに、独創的な具も華やかなサンドウィッチまで、今まさに台北で楽しめるお店が並びます。

この本を手にすれば、それは次の旅の準備の始まり。それぞれのお店で働く人たちのストーリーを読んで素敵な写真を眺めていると、これを食べたいあれも食べたいと、いっそう欲望が首をもたげます。

日本で恋しくなるから作ってしまう。

台湾の朝ごはん!台湾で日本で読んで食べる。
(c)Atsushi Ishiguro

台湾旅行で朝ごはんを楽しんだことがある人なら、日本に帰ってくるとまた食べたいなと恋しくなるはず。この本、そんな皆さんには、なんと日本にある道具や食材で再現できるレシピが載っています。

日本で手に入りにくい材料を、誰でも日本で手に入れることができる食材で工夫したり、そもそもお店の大鍋で作っているものを日本のキッチンで少人数の量で作ったりできるように。そうです、これさえあれば、とても簡単に台湾の朝ごはんを自分のうちで作ることができるんです。

ワークショップで鹹豆漿(シェンドウジャン)作りを体験

台湾の朝ごはん!台湾で日本で読んで食べる。
(c)Atsushi Ishiguro

神田にオープンした今の台湾文化の発信場所Shiappa Shiappa(シャッパーシャッパー)で、台湾大好き編集部が台湾の朝ごはんのワークショップを開催しました。

台湾の朝ごはん!台湾で日本で読んで食べる。
(c)Atsushi Ishiguro

編集の十川さんが、台湾の朝ごはんに関するエピソードなどを話しつつ、豆乳で簡単につくれる鹹豆漿(シェンドウジャン)と、あの揚げパン油條(ヨウティアオ)の作り方を教えてくれました。

十川さんが特におすすめのこのシェンドウジャンは、温めた豆乳と、黒酢(普通のお酢でもOK!)、ごま油、醤油さえあればベースが出来上がってとても簡単。そこに、ネギ、サクラエビ、搾菜などなど、好きな具材を入れて自分なりの組み合わせを楽しむことができます。今回のイベントでは台湾の大同社の炊飯器が、豆乳を温めるために使用されていました。

台湾の朝ごはん!台湾で日本で読んで食べる。
(c)Atsushi Ishiguro

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy