体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「おぼっちゃまくん」の完全新作連載がはじまるぶわぁい!!! ともだ!(以下自重

 幻冬舎の雑誌「小説幻冬」2018年4月号(3月27日発売、税込880円)で、小林よしのりさんの新連載「おぼっちゃまくん」がスタートしました。

 同誌は小説、エッセイ、随筆、コミックなど、様々なジャンルの読みものを取り扱う、月刊小説誌として刊行されています。新たにスタートした「おぼっちゃまくん」はその中の「コミック」として掲載されます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「おぼっちゃまくん」は、漫画雑誌「月刊コロコロコミック」で1986年から1994年にかけ連載されました。テレビ朝日系では1989年から1992年にかけテレビアニメを放送。御坊財閥の跡取り息子・御坊茶魔を主人公に繰り広げるちょっぴり下品なギャグ漫画で、茶魔の語る言葉は「茶魔語」とよばれ、当時の子供達から絶大な支持を獲得。一方で親たちからは「子供に見せたくない作品」としてマークされていました。

 今回連載がスタートする小説幻冬4月号では、スタートを記念し、表紙では小説幻冬のキャラクター・オニくんと茶魔がコラボ。キャッチコピーも「本がいちばん好きぶぁい」と茶魔語になっています。

 なお、同誌発表によると本作は“完全新作”になるとのこと。今号から毎月連載予定でしゅ!


(宮﨑美和子)

関連記事リンク(外部サイト)

行ってみたい漫画の世界 1位に「ONE PIECE」
甘くて痛い、純愛のサイコホラー「ハッピーシュガーライフ」TVアニメ化
コピック30周年イベント「Copic Thanks Party」が東京で開催

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy