体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤岡みなみ|思い立ったがDIY吉日 <vol.15>

藤岡みなみ|思い立ったがDIY吉日 <vol.15>

タレントの藤岡みなみさんが、モノづくりに対してのあれこれをつづるコラム連載!題字ももちろん本人。藤岡みなみさんの可愛くもシュールな世界観には、思わず引き込まれちゃいます。今回は陶器の箸置き作りに挑戦!小さくてクッキーのような土偶箸置きがとってもキュートです。

陶器制作に挑戦

―家で気軽に自分の好きな陶器が作れたら最高だろうなあ。
 
陶芸って楽しいけれど、窯元に出かけて行って作ってから、焼いて送ってもらい手元に届くまでに数ヶ月かかったりしますよね。もし家で気軽に自分の好きな陶器が作れたら最高だろうなあと以前から思っていました。
© PIXTA

そこで、今回用意したのは

オーブン電子レンジで陶器が作れる粘土

です。
 

箸置きを作ります

陶器制作に挑戦してみました。いきなりお茶碗などの大物を作るのは、乾燥や焼成の過程でヒビ割れたりしそうでこわいので、手始めに箸置きを作ることにしました。
 

おなかを窪ませると箸が置きやすい。

陶土の色を見ていたら自然と作りたくなったのは埴輪。本当は土偶のほうが好きだけれど、土偶のデザインはかなり細かいので今回は諦めます。最終的には家で土偶を量産できるようになりたいです。家庭用オーブンレンジで土偶を作っていたら縄文人に驚かれそうです。
 

釉薬を塗る過程、好きなんですよね。

埴輪で難しいのは曲がった腕の部分。折れないように気をつけながら形成し、一日乾燥させてから170度のオーブンで20分焼きます。専用の釉薬を塗ってまた10分焼けば完成。驚くほど簡単にできました。クッキーみたいでかわいい。
 

今度は大物に挑戦!

この大きさならブローチとかにしてもよさそう。陶器のアクセサリーってあたたかみがあって冬服に合うんですよね。そして今度は大物に挑戦したいな。
 
みなみ窯、なんと自宅にオープンです!
 
藤岡みなみ

ふじおか・みなみ/1988年、兵庫県出身。テレビ番組・CMに出演からラジオパーソナリティ、エッセイストなど、幅広く活動。バンド「藤岡みなみ&ザ・モローンズ」ではボーカルを務める。
ブログ:藤岡みなみ 熊猫百貨店

藤岡みなみ|思い立ったがDIY吉日 <vol.15>
おすすめ記事
公式Twitter
公式Instagram

 

関連記事リンク(外部サイト)

藤岡みなみ|思い立ったがDIY吉日 <vol.14>

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。