体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100均のアルミシートで手持ちの服を防寒仕様に

100均のアルミシートで手持ちの服を防寒仕様に

春先は気温が高くなったと思えば急に寒くなったりと、着るものに困る季節です。旅行や出張先で予想以上に寒かったりして、やむなく防寒ウェアを買ったことがある人も多いでしょう。そこで、100均で売れられているアルミシートで手持ちの服を、簡単に防寒仕様にリメイクする方法を紹介しましょう。

100均のアルミシートでリメイク

保温材やレジャーシートとして使われるアルミシートを、服の裏地に貼り付ければ高性能な防寒ウエアに変身! アルミが体温を反射しポカポカに温めてくれます。巷で人気の防寒ウェアも同じ原理です。

使用するのは100均で売られているアルミシート。これに布用接着剤の「裁ほう上手」を使えば、針・糸不要で仕上げられるため、不器用な人でも簡単に手持ちの服を防寒仕様にリメイクできます。「裁ほう上手」の実勢価格は279円です。

手持ちの服をアルミシートで防寒仕様にするには、まずは型紙作りからスタート。コピー用紙を裏地に当てながら、前身頃・後ろ身頃のパーツごとに、大まかな型紙を作ります。

100均のアルミシートで防寒仕様

型紙を作ったら、その通りにアルミシートをカットしてください。カットしたアルミシートは、実際にリメイクする服の裏地に合わせながら、形やサイズのズレを微調整していきます。

最後はアルミシートを服に貼り付ける工程です。アルミシートの裏面に裁ほう上手を塗り、裏地に貼り付けていきます。あて布をしてアイロンをかければ、より強度が高まるでしょう。

100均のアルミシートで手持ちの服を防寒仕様にできれば、旅行先などで思っていたよりも気温が下がった時にも対応可能。針や糸も不要なので、緊急時の防災グッズとして用意しておくのもよいかも知れません。

関連記事リンク(外部サイト)

エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた
2×4材と突っ張り金具で室内に柱を追加する
Wi-Fiアンテナを100均のボウルでパワーアップ
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは
ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。