体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アップル、最新のiPhone X&Face ID広告を公開!Apple Payの機能をメインに訴求

アップル社が次世代型キャッシングとして推進中の、Apple Pay。その宣伝動画がYoutubeで公開され、話題を呼んでいる。

・支払いを素早く簡単に

Apple Payは昨年12月に、iOS 11.2の一部として、スタートした機能だ。友人とのシェアキャッシュができる他、店頭や仮想デビットカードを使いながら、アプリ内での支払いが可能となる。

日本では、Suicaによる交通機関の利用や買い物にも対応。クレジットカードやプリペイドカードを使って、お店やアプリケーション内、ウェブ上でも、安全にショッピングが楽しめる。わざわざアカウントを作ったり、長い入力フォームに記入せずに、素早く支払えるのが特長だ。

・機能を絞って訴求

今回の動画は、iPhone Xの最新広告だが、機能をApple Payに絞って訴求している。時間は15秒。認証にFace IDを使用し、メッセージアプリケーションで、誰かに直接支払うプロセスを示す内容となっている。

2019年には所有者10億人が予測される、iPhone。日本国内での所持率も確実に上がっており、Apple Pay対応店舗も着々と増えつつある。どこまで浸透するか、考えるのは後にして、まずはお洒落なCMを楽しもうではないか。

souce by 9to5mac.com

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。