体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

行列のできる海鮮丼専門店「つじ半」の絶品『ぜいたく丼』が安くてお得すぎる【アークヒルズリニューアル】

行列のできる海鮮丼専門店「つじ半」の絶品『ぜいたく丼』が安すぎる【六本木アークヒルズリニューアル】
3月28日に3階レストランフロアをリニューアルオープンする赤坂・六本木エリアのアークヒルズ。

新しく登場する9つのレストランの中から、行列店として知られる海鮮丼専門店「つじ半」を一足お先に現地ルポ。今回いただいたのは、「ぜいたく丼 梅」1,080円。これが約1000円だとは思えない!安すぎる!と思うほどの満足度なんです。

六本木の桜坂はちょうど桜が満開でした

行列のできる海鮮丼専門店「つじ半」の絶品『ぜいたく丼』が安すぎる【六本木アークヒルズリニューアル】
アークヒルズに向かう途中、桜坂のあたりに立ち止まる人たちが。そう、ちょうど桜が満開で、風が吹けばはらはらと桜吹雪も。お出かけするにはうってつけの季節ですね。

桜を愛でつつ、アークヒルズへ。

行列のできる海鮮丼専門店「つじ半」の絶品『ぜいたく丼』が安すぎる【六本木アークヒルズリニューアル】
リニューアルオープンする3階フロアには和食からエスニック、ラーメンまで多彩なグルメが集結。目指す「つじ半」はフロア右手にあります。

行列のできる海鮮丼専門店「つじ半」の絶品『ぜいたく丼』が安すぎる【六本木アークヒルズリニューアル】
のれんをくぐり、早速カウンターへ。メニューはいさぎよく「ぜいたく丼」のみ! 「つじ田」創業者でラーメン業界のつけ麵風雲児 辻田雄大氏と、「日本橋 金子半之助」創業者の金子真也氏が力を合わせ作り上げた丼なんだそう。「ぜいたく丼」は、梅・竹・松・特上の4種類から選べます。

今回いただいたのは、「ぜいたく丼 梅」1,080円です。

行列のできる海鮮丼専門店「つじ半」の絶品『ぜいたく丼』が安すぎる【六本木アークヒルズリニューアル】
まずお刺身と黄身醤油が運ばれてきました。黄身醤油は、海鮮丼にかけます。お刺身は、海鮮丼のシメのお茶漬け用にとっておいてくださいね。ただし、刺身はお茶漬けに入れるより、刺身として食べたい!という方はもちろんおつまみとしていただいてもOK。

行列のできる海鮮丼専門店「つじ半」の絶品『ぜいたく丼』が安すぎる【六本木アークヒルズリニューアル】
お店のおすすめの食べ方がカウンターの注意書きに書いてあるので、よく読んで待ちましょう!

行列のできる海鮮丼専門店「つじ半」の絶品『ぜいたく丼』が安すぎる【六本木アークヒルズリニューアル】
行列のできる海鮮丼専門店「つじ半」の絶品『ぜいたく丼』が安すぎる【六本木アークヒルズリニューアル】
好きなだけいただけるガリや、京都・原了郭の黒七味もお好みで。

安すぎると思う理由その1「新鮮な海鮮が9種類ものっている!」

行列のできる海鮮丼専門店「つじ半」の絶品『ぜいたく丼』が安すぎる【六本木アークヒルズリニューアル】
行列のできる海鮮丼専門店「つじ半」の絶品『ぜいたく丼』が安すぎる【六本木アークヒルズリニューアル】
さて、海鮮丼の登場です。丼の上を彩るのは、生まぐろ・中落ち・いか・数の子・胡瓜・ つぶ貝・みる貝・海老・いくらと9種類ものピチピチの海鮮たち。その新鮮さは、一口いただけば納得。9種類それぞれのうまみ、ごまの香ばしさが口いっぱいに広がります。特に筆者は貝のコリコリ感にノックアウトされました。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。