体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マウント・キンビーのリミックスに、ニーナ・クラヴィッツ、マルセル・デットマンなどのテクノ / ハウスのトップ・ランカーが集結

マウント・キンビーのリミックスに、ニーナ・クラヴィッツ、マルセル・デットマンなどのテクノ / ハウスのトップ・ランカーが集結

昨年、最新作『Love What Survives』をリリースしたマウント・キンビー。

このアルバムからアナログ、デジタルなどでテクノ / ハウスのトップ・アーティストたちがリミックスを手がけたシングルをリリースする。

その第一弾としてリリースされるのがニーナ・クラヴィッツによる「Blue Train Lines」のリミックス。YouTubeで音源が公開され、この楽曲のみOTOTOYでもハイレゾ / デジタル配信が開始している。

5月4日に『Remixes Part 1』が12インチ・レコードでリリースされ、こちらには公開された「Blue Train Lines (Nina Kraviz Main Mix)」のオリジナル・バージョンの他、2つのDJツール・バージョンを収録。翌週11日にリリースされる『Remixes Part 2』には、「Four Years and One Day」のマルセル・デットマン・リミックスと、ゲルト・ヤンソン・リミックス、そしてエレン・エイリアンによる「T.A.M.E.D」のリミックスの3曲が収録される。デジタル配信は5月11日に同時解禁となる。
(河)

・【ハイレゾ配信】Mount Kimbie / Blue Train Lines (Nina Kraviz Main Mix)
https://ototoy.jp/_/default/p/99369

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy