体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三浦大知『AERA』表紙初登場! 自らが目指す「オリジナル」について語る

三浦大知『AERA』表紙初登場! 自らが目指す「オリジナル」について語る

 三浦大知が、2018年3月26日に発売となった『AERA』4月2日号表紙に初登場している。

 写真は本誌表紙フォトグラファー蜷川実花の撮り下ろし。インタビューでは、自らが目指す「オリジナル」について、年齢を重ねていくこととダンスのあり方について語っているほか、影響を受けた人物とのエピソードを披露している。

 また、星野源の連載「ふたりきりで話そう」がついに最終回。ゲストには歌舞伎俳優の中村七之助が登場する。

◎発売情報
『AERA』4月2日号
2018/03/26 PUBLISH
表紙:三浦大知
定価:390円(tax in.)

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】三浦大知の初ベストが総合アルバム首位 『グレイテスト・ショーマン』サントラは4週連続のDL1位
三浦大知がRolling Stone Japanの表紙に
三浦大知、国内アーティストとしては初めてSpotifyで人気プログラムに参加

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。