体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MAN WITH A MISSION「音楽を生み出す仲間に世代は関係ない!」 超大物歌手との共演に会場ビックリ

MAN WITH A MISSION「音楽を生み出す仲間に世代は関係ない!」 超大物歌手との共演に会場ビックリ
MAN WITH A MISSIONを中心としたライブイベント「LIVE FOR THE NEXT」が3月23日(金)、Zepp ダイバーシティ東京にて行われました。

このライブは、FMラジオ・ネットワーク「JFL」に加盟している、NORTH WAVE(札幌)、J-WAVE(東京)、ZIP-FM(名古屋)、FM802(大阪)、cross fm(福岡)が、開催している共同キャンペーン「FOR THE NEXT」のイベントです。

今年のテーマソングを担当したMAN WITH A MISSIONを中心に、各局がオススメするゲストアーティスト迎え、全国5都市で開催。ここではトリを飾ったMAN WITH A MISSIONの白熱のステージを紹介します。頭はオオカミ、身体は人間という“究極の生命体”による5人組ロックバンド……というのはもはや説明不要ですね!

お馴染みの入場曲、Bad Religionの「Man With A Mission」が流れ、5人がステージに登場すると、会場には大歓声とクラップが響き渡ります。1曲目「distance」から、オーディエンスは拳を突き上げ、ボルテージは最高潮!

立て続けに「Get Off of My WAY feat. GEROCK」の印象的なギターリフが始まると、クラップとコールが沸き起こり、さらにそれを飲み込むような轟音をフロアにぶつける5人。Jean-Ken Johnnyの「最後マデソノ調子デ頼ムゼ! 合言葉ハコレダ! “カカッテコイヨ”!」に、オーディエンスも歓声で応えます。

180326_MWTMaudience.jpg

MCでは、Jean-Ken Johnny(Gt, VO, Raps)から、今回のライブ趣旨が語られたのですが……。「次ナル世代、ネクスト・ジェネレーションヲサポートスルトイウコトデ、我々ガシンガリヲツトメサセテイタダイテルンデスケド、トイウコトハ、我々ハモウ、ネクスト・ジェネレーションデハナイト……」と寂しさを滲ませるシーンも。

しかし、“音楽を作り出す仲間に世代は関係ない”との熱いメッセージを音楽で証明するかのように「My Hero」、「Raise your flag」、そして会場全員が一斉にタオルを振り回す圧巻の光景を見せた「DANCE EVERYBODY」を披露。

この春、新生活を迎える人たちに向け、熱いメッセージを込めた「The Anthem」が演奏する。その後、ステージ上に巨大スクリーンが降り、Jean-Ken Johnnyが「箱の中身はなんでしょう」に挑戦するというVTRがスタート。

内容はコーナータイトルそのままなのですが、箱の中に和田アキ子さんが入っているというドッキリが! まさかの大物すぎる人物に、オーディエンスもビックリ! 正解が発表され、和田アキ子さんを前にビビりまくるJean-Ken Johnnyの姿に、会場は大きな笑いに包まれました。

ライブ後半戦では、「Green-Tinted Sixties Mind」を皮切りに、今回のイベントのテーマソング「Freak It! feat.東京スカパラダイスオーケストラ」を含む5曲をプレイ。「Emotions」ではオーディエンスと共に大合唱が起こり、ラストナンバー「FLY AGAIN」では、DJ Santa Monicaがなんと客席にダイブ! ステージとフロアの境目はなくなり、メンバー、オーディエンスが一体と化した瞬間でした。

180326_MWTMSINGALONG.jpg 180326_MWTMDive.jpg

メンバーがステージを去ると、すぐさま会場に轟くアンコール。ここではライブ初披露となる新曲「Take Me Under」、そして今回のイベントを締めくくったラストナンバーは「database feat. TAKUMA(10-FEET)」。

180326_MWTMLAST.jpg

オープニングアクトのDrive Boy、そしてゲストアクトにBRADIOを迎えた「LIVE FOR THE NEXT」の東京公演。次世代のアーティストをMAN WITH A MISSIONがサポートするという意義を果たしつつ、Jean-Ken JohnnyがMCで言ったように、“素晴らしい音楽を作る仲間に世代は関係ない”ということも体感させてくれた一夜となりました。

■東京公演セットリスト

01. distance
02. Get Off of My WAY feat. GEROCK
03. My Hero
04. Raise your flag
05. DANCE EVERYBODY
06. The Anthem
07. Green Tinted Sixties Mind
08. Hey Now
09. Freak It! feat.東京スカパラダイスオーケストラ
10. Emotions
11. FLY AGAIN

En
01. Take Me Under
02. database feat. TAKUMA(10-FEET)

【関連サイト】
「JFL presents LIVE FOR THE NEXT」
http://www.j-wave.co.jp/special/guitarjamboree2018/

Photo: Daisuke Sakai(FYD Inc.)

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。