体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BRADIO、お台場Zeppでファンキーに! 観客を「パーティーの向こう側」へ

BRADIO、お台場Zeppでファンキーに! 観客を「パーティーの向こう側」へ
MAN WITH A MISSIONを中心としたライブイベント「LIVE FOR THE NEXT」が3月23日(金)、Zepp ダイバーシティ東京にて行われました。

このライブは、FMラジオ・ネットワーク「JFL」に加盟している、NORTH WAVE(札幌)、J-WAVE(東京)、ZIP-FM(名古屋)、FM802(大阪)、cross fm(福岡)が、開催している共同キャンペーン「FOR THE NEXT」のイベントです。

今年のテーマソングを担当したMAN WITH A MISSIONを中心に、各局がオススメするゲストアーティスト迎え全国5都市で開催。今回は、東京公演に出演したBRADIOのライブステージの模様を紹介します!

BRADIO0323-FYD_1465.jpg
BRADIOは、真行寺貴秋(Vo)、大山聡一(Gt)、酒井亮輔(Ba)によるロックバンド。今回のステージでは、3人に加えてドラムス、キーボード、ブラスバンド、女性コーラス、コンガといった11人編成で登場。

BRADIO0323-FYD_7403.jpg
真行寺の「ひとり残らずパーティーの向こう側に連れて行ってやるぜー!」という宣言から1曲目「Flyers」がスタート。オーディエンスもその言葉を信じるようにクラップと思い思いのダンスで会場を揺らします。間奏では、大山がステージセンターのお立ち台に上がり、華麗なギターソロをプレイ。さらにオーディエンスのテンションを高揚させます。

BRADIO0323-FYD_7351.jpg
そのまま間髪入れずに2曲「Super Wonderful」に突入。勢いだけではなく、ファンキーでパワフルな歌声でオーディエンスの心をシビれさせた真行寺。コンガの力強いリズムに会場のボルテージは上がりっ放し! たった2曲で完全に会場の空気をBRADIO色に染めました。

BRADIO0323-FYD_1596.jpg
「みんなのそのソウルにガブっと噛みついちゃってもいいかい!? 俺たちの最高のミュージックで噛みついちゃってもいいかい!?」(真行寺)とオーディエンスを煽ると、新曲「きらめきDancin’」がスタート。

BRADIO0323-FYD_7347.jpg
ファンキーなシャウトに合わせてクラップで応えるオーディエンス。曲中、リズム以外の音が鳴り止むと真行寺が口笛を披露。そこに酒井のベース、大山のギターが絡み合い3人にしか出せないソウルがうねりとなってオーディエンスを魅了します。

BRADIO0323-FYD_7438.jpg
続いて4曲目にスウィンギングなナンバー「スパイシーマドンナ」の演奏を終えると、「最後に最高の空間を作りたい! みんなと一緒にダンスがしたいんだけどついて来てくれるかい!?」とオーディエンスにリクエストする真行寺。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy