体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三上真史“園芸王子”といっしょに花育…横浜 里山ガーデンフェスタ、5月6日まで開催中

横浜 里山ガーデンの丘が一面、花の楽園に―――。よこはま動物園ズーラシアの先にある里山ガーデンで、5月6日まで「ガーデンネックレス2018」が開催中。

ゆるやかな丘陵地帯に、市内最大級の大花壇が出現し、初日の3月24日や25日は花好きな来場者たちで大混雑。25日には、NHK Eテレ「趣味の園芸」に出演する“園芸王子”こと三上真史さんが登壇した。

ガーデンコーディネーターの資格も持つ三上さんは、横浜市の小学生たちといっしょにオリジナルガーデンづくりにトライ。「花育」の先生として、花の知識や植え方などを子どもたちに伝授した。

僕たちも花も同じ、厳しいときこそがんばれる

横浜市内最大級、約1万平方メートルの大花壇と、三上さんがデザインしたウェルカムガーデンが織りなす、ことしの「ガーデンネックレス2018」(里山ガーデンフェスタ)。

三上さんは、「みんなすごい。教えなくても自分たちで花壇をつくれちゃってる」「みんなもうプロだな」と子どもたちの自主的な動きにびっくり。土を触りながら、子どもたちにこんな言葉を投げかけていた。

「同系色を並べて、間に白や黒のシックな色の花を添えると、落ち着くんだよ」
「花の向きを見ながら、土に植えていこうね」
「背の高い花の間に、背の低い花を入れてみると、花壇にリズムが生まれて、リズミカルな風景ができるよ」
「あとは絵を描くのといっしょ。踊ってるような動きをつけてみよう」

また、「根っこが長い」という子どもに、「よく気づいたね」と三上さん。

「根っこも土が乾いてるときに伸びるんだよ。僕たちも花も同じ、厳しいときこそがんばれるってこと」

里山ガーデンフェスタはこれからが盛り上がる

三上さんの花育イベントでスタートした「ガーデンネックレス2018」(里山ガーデンフェスタ)。3月31日には、正面入口広場「ウェルカムガーデン」で、三上真史さんや大橋直美アドバイザーによるトークショー&ガーデンツアーを開催。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。