体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PC不要! お気に入りCDをワイヤレスでスマホに取り込める『T Air』を試してみた

これまで、購入したCDをスマホで視聴するためには、パソコン経由で音源をスマホに移す必要があった。

ただ、CDを一旦パソコンに取り込み、そこからスマホに移すという作業は面倒だし時間もかかる。また、最近のパソコンにはCDやDVDを取り込むディスクドライブが付いていないものも多く、外付けドライブを用意しなければならないのも厄介だ。

そんな問題をサクッと解決してくれるのが、レンタルサービスおよび書店を展開する「TSUTAYA」が販売・レンタルを行っているポータブルデバイス「T Air」だ。

T Airは、Wi-Fi接続でCDの曲を直接、しかも無線でスマホに取り込むことができるポータブルタイプのデバイスで、横145✕縦176✕厚さ16mmで300gという手帳のようなコンパクトさが特徴。

こちらは、取り扱いのあるTSUTAYA・蔦屋書店にて本体を購入できるほか、音楽レンタル売場にてレンタルも行っている(貸出料金は店舗によって異なる※)。普段からCDをレンタルする人は一緒に借りてしまえるのだ。

※たとえばSHIBUYA TSUTAYAの場合レンタル料金は、当日270円、1泊2日345円、2泊3日410円、一週間540円(3月16日現在)

筆者は20代の頃にクラブイベントでDJをするほどの音楽好きで、ジャンルに問わず集めに集めたCDが自宅に数百枚……。時代を沸かせた名盤と呼ばれる大量のCDたちは、しっかり押入れの中に保存(?)している状態だ。

このCDたちをそのまま眠らせておくのはもったいないし、春に向けて今のうちに押し入れを整理しなければ!

そこで今回は、このCDたちをスッキリ断捨離するきっかけとして、「これぞ!」と思った思い出のCDをT Airを利用してスマホに取り込んでみることにした。

T Airを用意してCDを取り込んでみよう

早速T Airを用意して、スマホにCDを取り込んでみよう。

実際に本体を触ってみると、その薄さと質感はいい感じ。本体を可動するためには付属のACアダプターを接続する必要があるが、それ以外のスイッチやボタン、ランプなどはまさに必要最低限にスッキリしているという印象だ。

セットアップも簡単で、スマホに無料専用アプリ「CDレコアプリ」をダウンロードして、T AirとWi-Fiで接続するだけ。

ちなみに、スマホとT Airを接続する際、iPhoneの場合はダイレクト接続が可能だが、Androidは機種によって接続にUSBケーブルやWi-Fiルーターの経由が必要な場合もあるとのこと。使用の際は添付の説明書を見てみるといいだろう。

アプリを起動させ、本体に表示されたQRコードを読み取る。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。