体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

港町に暮らす人々や生活に焦点を当てた“観察映画”シリーズ第7弾

1803261

想田和弘監督自ら、撮影や編集、録音まですべてを一人で行い、これまでに『選挙』や『精神』などの作品を生んできた“観察映画”シリーズ。その最新作『港町』が公開される。

シリーズ第7弾となる今回は、岡山県の港町に暮らすさまざまな人々に焦点をあて、暮らしぶりや“個”を丁寧に見つめていく。今作も「被写体や題材に関するリサーチは行わない」「台本は書かない」など想田監督が掲げる“観察映画の十戒”に乗っ取った、予定調和ゼロのドキュメンタリーだ。

ベルリン国際映画祭2018に正式招待され、国内のみならず、海外からも注目を集める本作。どこかファンタジックな気持ちになるような不思議な映画体験を、スクリーンでぜひ。

港町
監督:想田和弘
4月7日(土)シアター・イメージフォーラムほかにて公開
(2018年/日本・アメリカ)
©︎Laboratory X, Inc.
http://www.minatomachi-film.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy