体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleスプレッドシートから一発でオリジナルWebページを生成するサービス「sheet2site」

Webページを作って情報発信したくても、サーバーをレンタルしたりページをデザインしたりコンテンツの配置を考えたり…といった作業が面倒で一向に計画が進まないことがあると思う。

そんなときは、あれこれ考えず、まず短時間で作ってしまうのがおススメ。そこで重宝するのが、使い慣れたGoogleスプレッドシートから数ステップでWebページが生成できるサービスだ。

数分でWebページができてしまう「sheet2site」の使い方についてご紹介していく。

・「sheet2site」の使い方

「sheet2site」を使えば、シンプルなグリッドレイアウトのWebページがすぐに作れる。更新もGoogleスプレッドシートの中身を書き換えるだけでできてとても簡単。ざっと使い方をご紹介しておく。

サービスページ下方の「Make Your Website」に記されたステップに沿って作成していくのだが、まずは「This Sheet Tempate」のリンクを押してテンプレートをコピー。

ご自身のGoogleスプレッドシートとしてテンプレートが表示されたらURLをサービスページの「3. Paste it here:」に貼り付ける。

テンプレートに戻り、メニューバー「File」から「ウェブに公開…」。そして、サービスページの「Generate」を押す。

・アドオンを駆使して情報更新しよう

とりあえずこれであなたのWebページが生成されたと思う。

「content」タブや「main-page」タブの中身を埋めていくのはどのタイミングでもよいが、その際サンプルとして掲載してあるWebページのもとシートが見れてとても参考になる。

Googleスプレッドシートが使えるメリットとして、アドオンやGoogle App Script(GAS)を駆使すれば、インターネット上から随時情報を取得してきて表示できること。手軽にいろいろなパターンを試してみよう。

もし独自ドメイン上でページを公開したいなら月5ドル(約520円)からとなっている。

sheet2site

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。