体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日産、リーフの使用済みバッテリーを福島県で街灯にして設置するプロジェクト「The Reborn Light」発表

車がガソリンやディーゼルから電気へとシフトする中、バッテリーを大量生産する時代となっている。そしていずれやって来るのが、大量の使用済みバッテリー処分。

そうした、近い将来に直面する問題をとらえ、日産は同社の電気自動車(EV)リーフの使用済みバッテリーを街灯として生まれ変わらせるプロジェクト「The Reborn Light」を発表した。福島県浪江町、同社関連会社4R Energyと協力して「再生バッテリー街灯」を設置していく。

・オフグリッドで点灯

街灯は、使用済みのバッテリーにソーラーパネルを組み合わせたもの。高さ4.2メートル。上部に設置したパネルで発電し、ベース部分にあるバッテリーに電気を蓄え、照らす。

電線やコンセントを必要としないオフグリッドなので、停電などの影響を受けない独立型の街灯となる。

・26日に試作機点灯

この街灯を、2011年の東日本大震災で甚大なダメージを受け、現在、復興のインフラ整備が進んでいる浪江町の各所に設置していく。

同町に開所する4R Energyのバッテリー再生工場で26日にも試作機を試験点灯し、順次設置されることになっている。文字どおり浪江の町を照らし、そして町の復興を象徴するものにもなりそうだ。

しかもこのプロジェクト、浪江にとどまらず、例えば全国にある過疎地や発展途上国での活用も考えられ、“世界を灯す”事業となる可能性を秘めている。

The Reborn Light

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy