体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パッケージデザインが可愛すぎ!『キリン 晴れと水』『キリン 晴れと水 手摘みレモン』の新しさとは?

健康志向や備蓄需要、フレーバーウォーターの人気拡大などによりミネラルウォーター市場が盛り上がる中、『キリン 晴れと水』『キリン 晴れと水 手摘みレモン』が新発売。まるで雑貨のようにかわいらしいデザインに早くも心動かされてしまうが、肝心の味はどうだろう?

富士で採水&白樺活性炭でろ過したこだわり天然水

キリンビバレッジ『キリン 晴れと水』(550ml・希望小売価格 税抜100円・2018年3月13日発売)は、富士のふもとで採水し、白樺活性炭で丁寧にろ過した天然水。昨年5月に関東エリアを中心にテスト販売をしていた商品が、パッケージデザインを改良して全国販売となった。

 

さらに今回、手摘みしたレモン果汁を加えたフレーバーウォーター『晴れと水 手摘みレモン』(550ml・希望小売価格 税抜120円・2018年3月13日発売)も同時発売。キュートなパッケージには「甘さすっきり」の文字があるが、裏を言えば「少しは甘い」ということ?ならば甘さやカロリーも気になるところ…ということで、2本まとめて検証してみる。

 

『キリン 晴れと水』

雑貨屋さんに並んでいそうなデザイン性の高いロングネックボトルが特徴的な『キリン 晴れと水』。pH値は7.8、硬度36mg/Lの軟水だ。

改めて硬水と軟水について説明すると、その違いは水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量。それらが多く溶けているのが硬水で、少ないものが軟水となる。WHO(世界保健機関)が定める基準では、水1Lあたり120mg未満を軟水というのだが、日本では100mg未満を軟水とすることが多いのだそう。

 

ちなみに日本人は軟水を好む人が多いといい、好奇心で調べてみると『サントリー南アルプスの天然水』の硬度は約30mg/L、『アサヒ おいしい水 六甲』の硬度は32mg/L。そして今回発売された『キリン 晴れと水』の硬度も36mg/Lで、紛れもない軟水といえる。

さっそく一口飲んでみると、舌先に当たったときに感じるまろやかさにビックリ。スッキリ爽快!というよりは、口内をまるっと包み込んでくれるようなやわらかさを感じる。水といっても意外とクセがあるものもあるが、『キリン 晴れと水』は雑味がなくて飲みやすい。

そして、飲み進めるうちに現れるのが、ラベルの内側に描かれた青空&雲。ボトルを傾けたときに見える空がなんとも爽やか。メーカーは「晴れやかな気分を表現」としているが、たしかにこの仕掛けひとつで特別感がものすごい。気分はまさに“晴れと水”!!ほっこりと心が温まる。

 

『キリン 晴れと水 手摘みレモン』

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy