体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

緑黄色野菜がたっぷり摂れるケチャップ『ベジタブルリッチ』

『デルモンテ ベジタブルリッチケチャップ』(オープン価格・485g・2018年2月5日発売)は、野菜がたっぷりと入ったケチャップ。フルーティーな味わいで、これ一つで味が決まる美味しさだ。

 

野菜たっぷり1.5倍!

美味しく手軽に野菜を食べてもらいたいという想いで開発されたこの商品。加熱によるダメージが少なく糖度と酸味のバランスの良い完熟トマトをベースに、甘みの強いにんじんやかぼちゃなど10種類の野菜が通常のケチャップ※の1.5倍使用されている。

※キッコーマン社 家庭用JAS特級トマトケチャップ比較

使われている10種類の野菜は、トマト、にんじん、たまねぎ、アスパラガス、赤ピーマン、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、かぼちゃ、セロリ。カロリーは109kcal(100gあたり)。大さじ1杯(15g)だと約16.5kcalになる。

これよく忘れちゃうやつ、内側のシールは剥がして使おう。

テレビCMをマネしてポテトのディップに。酸味が少なくて甘い! おいしい!

すっきりとした甘み!濃厚!塩分も50%※カット!

塩分が少ないからヘルシーだし、野菜のうまみがより感じられる

野菜の美味しさを活かす為に、芳醇でフルーティーな味わいが特長のパイナップルビネガーを使用。塩分も50%※カットしている。すっきりとした甘みとほどよく続く野菜のうまみが特長。

※「日本食品標準成分表2015」トマトケチャップとの比較

 

大さじ1.5杯で1日分の不足野菜が摂れる!

ケチャップで緑黄色野菜を摂取!

厚生労働省が策定した1日の緑黄色野菜の摂取目標量350g※1に対して、不足しているといわれる73.5g※2。これをベジタブルリッチなら、わずか大さじ1.5杯(75g)で摂取し、栄養バランスを補うことができる。

※1:厚生労働省「健康日本21(第2次)」より

※2:平成28年国民健康栄養調査

 

簡単!美味しい!これひとつで美味しいナポリタン!

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。