体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無調整なのに飲みやすいって本当?『スゴイダイズ プレミアム ゆきぴりか200ml』を豆乳嫌いの記者が実際に飲んでみた!

大塚チルド食品の「スゴイダイズ」シリーズは、大豆をまるごと使用した日本初の大豆飲料。その中でも『スゴイダイズ プレミアム ゆきぴりか200ml』は、砂糖や塩で風味を調整していない無調整タイプだが、飲みやすいという噂は本当? 実際に飲んでみた!

『スゴイダイズ プレミアム ゆきぴりか200ml』はなぜ人気? イソフラボンの効果とは?

カロリーメイトやポカリスエットをはじめ、栄養補助食品を数々開発してきた大塚製薬グループ。中でも大塚チルド食品株式会社(東京都千代田区)「スゴイダイズ」シリーズは、大豆をまるごと使用することで、従来の豆乳飲料なら取り除かれていた「おから」も有効利用した日本で初めての大豆飲料だ。

 

発売元の調査によると、豆乳や大豆飲料を飲む具体的な理由の第一位は「イソフラボンがとれること」。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするとされ、適量を摂取することで、加齢やストレスによる女性ホルモン低下に伴う諸症状(イライラ、生理不順、骨粗しょう症など)を抑制する効果が期待されている。

 

現代人は豆腐や味噌など大豆食品を摂取することが少なくなりつつあるので、さっと飲めるドリンクで大豆イソフラボンを効率良く摂取できるのはありがたい。

今回ためしてみるのは、昨年春に発売された『スゴイダイズ プレミアム ゆきぴりか200ml』(200ml・希望小売価格 税抜120円・2017年5月発売)。高イソフラボン大豆である「ゆきぴりか」を使用した人気商品だ。

「ゆきぴりか」は北海道の新たな地域特産品種として栽培されている大豆で、一般的な北海道産大豆の1.5倍のイソフラボンを含んでいるという。『スゴイダイズ プレミアム ゆきぴりか200ml』は、砂糖や塩、香料、果汁などで味を調整せずに「ゆきぴりか」をまるごと使用した無調整タイプ。よけいなものが入っていないから糖質を気にせず、大豆成分をたっぷり摂れるのが魅力。

でも「大豆飲料の独特の臭いやクセが嫌い」という人は記者だけではないはず。豆乳コーヒーや豆乳紅茶などは飲めるけれど、そのままの味わいの大豆飲料は飲めないと人は多いだろう。こちらのシリーズは「スッキリとした味わいの高イソフラボン大豆飲料」ということだが、果たしてその味は・・・?

 

『スゴイダイズ プレミアム ゆきぴりか200ml』はどんな味?実際に飲んでみた!

『スゴイダイズ プレミアム ゆきぴりか200ml』は紙パック入りの大豆飲料で、1本あたり200ml。カロリーは1本あたり80kcalでヘルシーだ。

見た目は乳白色で、いかにも大豆飲料な感じ。とろみがあり、木綿豆腐のような香りがわずかにする。これまでに抱いていた大豆飲料へのイメージより、かなり控えめな香りだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy