体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

陽が差し込まない部屋でもOK!北欧の知恵で「緑」な暮らし。

陽が差し込まない部屋でもOK!北欧の知恵で「緑」な暮らし。

いつなんときでも陽が差し込んでくる「南向き」とは違って、「北向き」のお部屋はほぼ陽が当たらない。日本にいながらも、日照時間が著しく短い冬のスカンディナヴィアにいる感覚かしら。でも、陽が当たらない部屋をあえて選んだ勇者たちは、クリエイティブに「自分の陽」を作り出す試みが大切とも言える。たとえば、部屋に命を吹き込む観葉植物なんて良き装飾物。

「陽が差さないのに、枯れちゃわない…?」

心配しないで。陽が差し込まないお部屋でも、観葉植物たちが枯れない、かつ絵になる「フレーム」があるって聞きつけたの。

ただの「木枠」が
空間に彩りを与える

陽が差し込まない部屋でもOK!北欧の知恵で「緑」な暮らし。 額縁のてっぺんから観葉植物に注がれるライト。本来絵をはめ込むはずの額縁に、ちょこんと座る観葉植物たち。そのシンプルな美しさに思わず息を呑んでしまった(ゴックン)。陽が差し込まない部屋でもOK!北欧の知恵で「緑」な暮らし。

スウェーデン発Kauppi & Kauppiのデザイナー、Johan Kauppiさん作「GreenFrame」。主な用途は、じつは部屋の間仕切り。

エレガントな木材で作られた額縁を目前に、Kauppiさんは「働きやすい職場環境・過ごしやすい家庭環境には、額に何を飾り付けたらいいだろう」とアイディアを絞り出したところ、生まれた答えが、彼の大好きな“観葉植物を飾る”だったそう。

そう聞くと、あらかじめ設置されている3つの受け皿は、観葉植物が腰掛けてくれるのを待ちわびているようにも思えてくる。陽が差し込まない部屋でもOK!北欧の知恵で「緑」な暮らし。

このように並べて使用するのもOK。

床の上に植木鉢をいくつも並べると雑然としたように見えちゃうけど、固定位置をちょっぴり上げた額にはめこむと、スッキリした見た目に大変身。陽が差し込まない部屋でもOK!北欧の知恵で「緑」な暮らし。

Kauppiさんが生活を送るスウェーデンの冬は、朝9時にようやく日が昇ったと思ったら、15時を迎える前に沈んでいる…という驚愕の日照時間の短さ。でも、Kauppiさんが手を組んだGlimakra of Swedenさんのライトをつければ、観葉植物も大喜び(そして元気な植物を見るあなたも大喜び)。

ならば、北向きの部屋にだってこの額縁は最適。観葉植物を「ポン、ポン、ポン」と3つ乗せてしまえば、窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそうだ。

そうして私は、「植物」という名の絵を部屋に飾りたくなったのさ。陽が差し込まない部屋でもOK!北欧の知恵で「緑」な暮らし。陽が差し込まない部屋でもOK!北欧の知恵で「緑」な暮らし。陽が差し込まない部屋でもOK!北欧の知恵で「緑」な暮らし。陽が差し込まない部屋でもOK!北欧の知恵で「緑」な暮らし。Licensed material used with permission by Kauppi & Kauppi

関連記事リンク(外部サイト)

薄暗〜いリビングも「枯れない植物」で明るくデコレイト
観葉植物として飾りたい。アボカドの「水栽培」での育て方
自宅の観葉植物には、この「はさみ」。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。