体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Lenovo、18:9ディスプレイを採用した新型Androidスマホ「Lenovo S5」「Lenovo K5」「Lenovo K5 Play」を発表

最近ではスマートフォンの新規投入が少ない Lenovo が 3 月 20 日に中国で 3 機種の新型 Android スマートフォン「Lenovo S5」、「Lenovo K5」、「Lenovo K5 Play」を発表しました。
この中で最も注目されているのは「Lenovo S5」です。
この機種は今流行りの 18:9 ディスプレイを採用しており、5.7 インチ(2,160 x 1,080 ピクセル)という大きなディスプレイを備えながらも、全体はコンパクトで携帯性に優れています。
スペック的にはミッドレンジクラスで、Snapdragon 625 オクタコアプロセッサや 3GB / 4GB RAM + 32GB / 64GB / 128GB ROM、背面に 1,300 万画素のデュアルカメラ、前面に 1,600 万画素カメラ、3,000mAh バッテリーを搭載しており、999 元 ~ というリーズナブルな価格帯で販売されます。
OS は Android 8.0 oreo を採用しており、ユーザーインタフェースには ZUI を用いています。
Lenovo K5 と Lenovo K5 Play は兄弟モデルで、K5 の方が上位機種となります。
どちらも 5.7 インチ 1,440 x 720 ピクセルの 18:9 ディスプレイを搭載しており、K5 は MediaTek MT6750 プロセッサや背面に 1,300 万画素 + 500 万画素のデュアルカメラを搭載しており、K5 Play は Snapdragon 450 プロセッサや背面に 1,300 万画素 + 200 万画素カメラを搭載しています。
Xiaomi の Redmi 5 / 5 Plus に対抗するようなラインアップです。
Lenovo K5 は Android 8.0 Oreo を搭載しており、8999 元と Lenovo S5 よりも安いでs.さらに安い Lenovo K5 Play は Android 7.1 Nougat を搭載しており、699 元で販売されます。
Source : Lenovo

■関連記事
HTC U12+の噂のスペック
Xperia XZ2のデザインをXperia XZ Premiumと比較
PlayStation VideoがChromecastに対応

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。