体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【台湾・南投】まだ見ぬ台湾はここにある。台湾・南投に眠る自然スポット3選

【台湾・南投】まだ見ぬ台湾はここにある。台湾・南投に眠る自然スポット3選
緑いっぱいの豊かな自然と、どこまでも続く青い空。美しい満天の星空と、朝日を浴びて真っ赤に染まる雲海。台湾中部・南投県にはそんな美しい自然が広がっています。

幻想的な朝霧と天の川の絶景「日月潭」

【台湾・南投】まだ見ぬ台湾はここにある。台湾・南投に眠る自然スポット3選
台湾最大の湖、「日月潭」。高鉄(台湾高速鉄道)台中駅から、直通バスを利用して1時間半ほどで訪れることのできる大自然です。

美しい湖が広がるこの地では、対岸の屋台や茶芸店、寺院などを周遊できるクルージングや、湖の美しい景色を間近から楽しめるサイクリングなどが人気。

日月潭からは、台湾原住民文化を学ぶことができる「九族文化村」へもロープウェーでアクセスすることができます。

【台湾・南投】まだ見ぬ台湾はここにある。台湾・南投に眠る自然スポット3選
周辺の宿泊施設も充実しているので、一泊することで、運が良ければ早朝に湖に広がる幻想的な朝霧や、澄んだ夜空に浮かぶ天の川を見ることもできますよ。

日月潭國家風景區
住所:55547南投縣魚池鄉中山路599號

アルプスのような豊かな自然が広がる「青青草原」

【台湾・南投】まだ見ぬ台湾はここにある。台湾・南投に眠る自然スポット3選
「青青草原」は、標高1750mほどの場所にある「清境農場」内に広がる草原です。

名前の通りどこまでも青々とした緑の草原が続き、ところどころで羊たちが草を食べている風景は、まるでスイス・アルプスのよう。草原内の展望台からは、南投の美しい山々の景色を望むこともできますよ。

【台湾・南投】まだ見ぬ台湾はここにある。台湾・南投に眠る自然スポット3選
夏には美しい新緑の景色、冬にはオレンジを基調とした紅葉の景色を楽しむことができ、どの季節に訪れても、その時々の自然の変化を堪能することができます。

南投.清境農場
住所:546南投縣仁愛鄉大同村仁和路170號

森林浴で南投の自然に触れる「溪頭自然教育園區」

【台湾・南投】まだ見ぬ台湾はここにある。台湾・南投に眠る自然スポット3選
南投の自然との距離がぐっと近く感じられる場所が、「溪頭自然教育園區」。舗装されたハイキングコースを歩きながら、森林浴を楽しむことができます。

年平均気温は16.6度と年間を通して涼しい気候に恵まれ、台湾では避暑地として親しまれています。

【台湾・南投】まだ見ぬ台湾はここにある。台湾・南投に眠る自然スポット3選
大きなアーチ橋が見どころの「大學池」、秋には一面の紅葉が楽しめる「銀杏林」など、園内の景観スポットもたくさん。レストランやカフェなども点在しているので、歩き疲れたらゆっくり休憩を取ることができるのが嬉しいですね。

こちらもホテルや民宿の多い場所なので、宿泊して森の新鮮な空気を感じながら、朝の時間をゆっくり過ごす旅はいかがでしょうか。

溪頭自然教育園區
住所:南投縣鹿谷鄉森林巷9號

季節や天候によって、色々な顔を見せてくれる場所がたくさんつまっている南投県。あなたのまだ知らない台湾が見つけられるかも知れません。

[All Photos by shutterstock.com]
【台湾・南投】まだ見ぬ台湾はここにある。台湾・南投に眠る自然スポット3選

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。