体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食べた気になれちゃう「ごまかし」アイテムで、食べ過ぎ防止。

食べた気になれちゃう「ごまかし」アイテムで、食べ過ぎ防止。

さて、ここで質問です。

下にある2つの画像を比べてみてください。
2つ目の写真では、なにが起きたと思う?食べた気になれちゃう「ごまかし」アイテムで、食べ過ぎ防止。食べた気になれちゃう「ごまかし」アイテムで、食べ過ぎ防止。

真ん中に置かれた得体の知れぬ緑の物体が消えた、なんていうのが、いわば普通の返し。

でも、2枚目の写真だけを見ると、どうでしょう。「誰かが少しつまみ食いしたんだな」と反射的に思いませんか?食べた気になれちゃう「ごまかし」アイテムで、食べ過ぎ防止。

オランダ発Marije Vogelzangさんのリサーチ兼開発的プロジェクト「Volumes」によると、人の脳は食べたものを視覚的に記録するようにできているそう。これは、コーネル大学のフード心理学者であるBrian Wansinkさんも証明済み。

たとえば、落花生を食べているとき。ひとりは剥くたびに皮をゴミ箱へ。もうひとりは剥いた皮をテーブルに置きっ放しにするとしましょう。このふたりのうち、落花生を多く食べてしまうのは、前者。なぜなら、皮をゴミ箱に捨ててしまうことで「どれだけ食べたか」が視覚的に確認できなくなってしまうから「まだ食べられる」と思っちゃうそうな。

そこで生まれた、不思議な格好を装うこいつら。【置いて、どかすだけ】で、実際よりも食べている錯覚に陥るマジックアイテムです!食べた気になれちゃう「ごまかし」アイテムで、食べ過ぎ防止。 まるでカラフルな怪物のような、貝殻のような、臓器のような、じつに愉快なカタチ。食べ過ぎ防止には、こいつをお皿にポンと置くだけ。たとえばこんな感じ。食べた気になれちゃう「ごまかし」アイテムで、食べ過ぎ防止。食べた気になれちゃう「ごまかし」アイテムで、食べ過ぎ防止。 突き出るところにフードを差し込むのもアリ。「食べ物で遊んじゃイケマセン」なんてしつけられてきたけど、これはむしろ遊び心を持って飾ってあげるのが正解。食べた気になれちゃう「ごまかし」アイテムで、食べ過ぎ防止。 モッツァレラに似せる、錯覚マジック。食べた気になれちゃう「ごまかし」アイテムで、食べ過ぎ防止。 そのフェイク・モッツァレラをどかすと、私たちは直感的に「その分食べた」という錯覚に陥り、食べ過ぎがあっという間に防止できちゃうんだそう。食べた気になれちゃう「ごまかし」アイテムで、食べ過ぎ防止。

ジョニー・デップがかけている「青色のメガネ」は、食べ過ぎ防止につながる…なんてニュースを小耳に挟みましたが(食べ物が青く見えると、食欲が失せるとか)、私が食卓で青色のメガネなんてかけたもんなら「なにを調子に乗っているんだ」と絶対にからかわれる(トホホ)。そんなところに降臨したこれ。ありがたいような、そうでもないような。

実は残念なことに、ハンブルク美術工芸博物館のみの出展。自宅にある置きものをお皿に上に乗っけてみるのもアリかも?Licensed material used with permission by Marije Vogelzang

関連記事リンク(外部サイト)

「パスタ=太る」の誤解。ダイエット中の正しいパスタ選び
断然コメ派!に伝えたい。雪国発の「ショートパスタ」
自家製「生パスタ」なんて、夢のまた夢だと思ってた。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。