体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

演出・三浦大輔×主演・松坂桃李で『娼年』を映画化

1803251

石田衣良の恋愛小説を、演出・三浦大輔×主演・松坂桃李で舞台化した『娼年』が、再び2人のタッグによって完全映画化。

東京の名門大学に通う、森中 領。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っていたある日、店に現れた美しい女性・静香と出会う。「女なんてつまんないよ」という領に、静香は“情熱の試験”として、静香が手がける会員制ボーイズクラブ・Le Club Passionに入るための試験を受けさせ、領は入店を決意。翌日から娼夫・リョウとして仕事を始めることに――。

舞台上演時、肉体の触れ合いを舞台上で表現したセンセーショナルな内容で話題を集めた本作。感情を揺さぶる美しい映像は、舞台とはまた違った映像だからこその刺激と魅力を与えてくれるはず。公開は、4月6日より。

娼年
監督・脚本:三浦大輔
出演:松坂桃李 ほか
4月6日(金)TOHOシネマず新宿ほか全国ロードショー
(2018年/日本)
©︎石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
http://shonen-movie.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。