体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新潟で見つけた「お米の炭酸」、いざ飲んでみたその味は・・・

いまや全国各地で “ご当地サイダー”を見かけます。そんな中、新潟市内で先日見つけたのはなんと、お米の炭酸「雪色ソーダ」。

IMG_8725
お米そのものにはっきりした“味”があるとは思えないのに、これがソーダになるといったいどんな味がするのでしょうか。無性に気になって、買っていざ飲んでみました。
瓶のふたを開けると、フワッと香りがしてきました。この香り、何だろうとしばらく考えてわかりました、「米糀(こうじ)」です。そして瓶をよく見ると、底のほうがなんとなく濁っています。この濁りが気になるので、もう一度ふたをして瓶を逆さにしてその濁りを瓶全体に巡回するよう、しばらく軽く振ってみました。
のちに、瓶の後ろに載っているのを見つけた、この雪色ソーダの“飲み方”によると、開栓前にゆっくり逆さにして30分キープ、その後にゆっくり戻して1分キープ、なのだそうです。

IMG_8726
さて、飲んでみた率直な感想、なかなか美味しかったです。米糀ならではの香りはもちろん、なんとなく甘い味がして、炭酸もしっかり効いているのでスッキリ飲むことができました。あえて言うと、カルピスに近いかも。甘酒が好きな人だともっと気に入るかもしれません。

IMG_9094
ストレートにお米の炭酸をイメージするとちょっと違う気がしたものの、なかなか斬新かつ誰でも飲みやすい炭酸飲料かと。新潟のお土産に、ぜひ。

【Nicheee!編集部のイチオシ】

西日本初のスターバックス「リザーブバー」が4月1日オープン高橋ジョージの印税が桁違いだった件!!元重量挙げ世界一グラドル!伏美亜里紗の「バーベル“美”より」#2 ~パワーリフティングのいいところ~

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。