体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コマツ、建設現場にDJIの産業用ドローン1000台導入

建設機械メーカーのコマツ(本社・東京)は、ドローンメーカー世界最大手のDJI製カスタムメードのドローン1000台を導入する。

コマツが進めるスマートコンストラクション事業で活用し、高度なドローン測量により建設現場の安全性や効率性を高めるのがねらい。

・高性能な測量ソフト搭載

建設現場でのドローン測量はすでに行われているが、今回コマツが導入するドローン「EXPLORE 1」は、かなりの高性能モデルだ。

EXPLORE 1は、ドローンを使った測量や測量データのソフトウェアを提供する米国のSkycatch社とDJIがともに開発。Skycatch社の高精度なソフトウェアとコンピューターを搭載し、労力と時間がかかる測量を簡単かつ素早く行うことができる。

・作業時間を大幅短縮

具体的には、建設現場の地形や土壌などを上空から測定する際、ドローンの離発着やルート設定が自動になり、撮ったすぐそばから3Dデータが作成される。

何日もかかる作業をものの数十分でこなすので頻繁に測量することができ、進捗状況を確実に把握するのに有効とのこと。これにより効率的な建設となり、建設コストの抑制にもつながるという。

DJIによると、今回のコマツの導入は産業用ドローンとしては最大規模で、DJIがパートナー向けに製造する初のカスタムドローンとのこと。

EXPLORE 1は今後、日本のあちこちの建設現場に“革命”をもたらすことになりそうだ。

DJI Japan News Release

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。