体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

魔法戦特化型フリゲRPG『Element Zero』 自由な強化と連続行動で戦術の幅は広大!

element-zero-top-image

RPGでおなじみの魔法。ゲームによってその扱いはさまざまだが、今回紹介する『Element Zero』は攻撃も防御も魔法のみで行い、1ターンに複数の魔法を使える戦闘システムが特徴の短編RPGだ。年末年始にかけて開催されたゲーム投稿イベント「VIPRPG紅白2017」の参加作品で、フリーゲームとして公開されている。

限られた日数で全10エリアの攻略を目指すRPG

『Element Zero』は、恋人に致死の呪いをかけられた魔術師のライナスが、16日以内に全10エリアのダンジョンを踏破し、元凶の魔術師を倒して呪いを解くことが目的のRPG。HP/MPのどちらかでも尽きると撤退となり1日が経過する仕組みで、とくにMPは1日を終える以外に回復手段が一切ない上にエリア2以降では歩くだけでも減るため、限られた期間の中で、ライナスの能力を強化させながらいかに効率よく進んでいくかというリソース管理の要素も強い作品だ。

各エリアの最後にはボスが待ち受けており、これを倒して次のエリアに進むと、撤退しても次の日はそのエリアから再開となる。「面クリア型RPG」と謳われており、前のエリアに戻ることはできず一方通行の進行となっている。
element-zero-eventelement-zero-map

致死の呪いをかけられてしまったライナスの恋人、ティーナ。彼女を救うためダンジョンを踏破していく

行動力の続く限り連続行動が可能な1vs1バトル

本作の戦闘は1vs1で、敵味方が交互に行動するターン制のコマンド選択型。ターン開始時に原則として10ある「行動力」を消費して、行動力が残っている限り1ターンの間に何度でも行動できる。攻撃など主な行動は魔法で行い、魔法ごとに必要な行動力が異なる。

element-zero-command
戦闘システムはオリジナルの凝ったものだが、操作自体は主に「魔法を選ぶだけ」とシンプルでわかりやすい

攻撃時は攻撃側の「貫通」のパラメータと受け側の「障壁」のパラメータによる判定が行われ、前者が後者と同値以上でなければ一切ダメージを与えられないのも特徴。貫通は使う魔法によっても補正がかかるほか、足りなければ行動力を消費して上げることもできるが、そのぶん魔法に使える行動力が減ってしまうというわけだ。

また、敵との距離が遠距離・近距離の2種類あり、それによって使える魔法が変わってくる。行動力を消費して移動ができるほか、移動しながら攻撃する魔法なども存在する。

……と、こうして言葉で一気に説明するとややこしく感じてしまうかもしれないが、本作は独自のUIが練られており、戦闘画面では魔法ごとに与えられるダメージの値や貫通が足りているかどうか、また魔法を使えない場合はその理由(行動力が足りない、距離が合っていないなど)が一目でわかるようになっている。序盤は習得している魔法の数も少ないので、プレイしながら徐々に把握していけるだろう。

ゲームを進めると習得できる魔法には、そのターンの間パラメータを上げたりさまざまな方法で敵の攻撃を防御する魔法などもあり、バフからの攻撃、攻撃しつつ守りも固めるなど、行動力の範囲内で自由な組み合わせが可能となっている。さらに、攻撃系の魔法は同じものを複数回使用することもできるが、2回目以降は必要な行動力が1ずつ増えていくため、異なる魔法を取り混ぜて使っていく方が効率がよいことが多い。こうした点を考慮しつつ、オリジナルの「魔法コンボ」を追求していくのが本作の醍醐味だ。

自由度の高い強化要素。好きな魔法をカスタマイズ!

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。