体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「好きになった相手が、たまたま人間だったの…♡」

「好きになった相手が、たまたま人間だったの…♡」

Rick Andersonさんはダイビング歴が30年ちかいベテランダイバー。これほど長い期間海に潜っていると、不思議な出会いがあるものです。

Rickさんがよく潜るオーストラリアの海には、彼のダイビングを楽しみに待っている素敵な“ガールフレンド”がいるそう。その正体は…、なんと、サメ!

今、「嘘だ!」と思ったソコのあなた。ちょっと待ってください。ちゃんと証明できる写真があるんですよ。

それがこちら

「好きになった相手が、たまたま人間だったの…♡」

まるで犬か猫のようにRickさんにすり寄るのは、南オーストラリアの沿岸海域のみに生息するというポートジャクソンネコザメの“女の子”。

Rickさんが海に潜ると、すぐに寄ってきて一緒に泳ぐのだそう。「好きになった相手が、たまたま人間だったの…♡」

Rickさんに優しく撫でられると、なんだか嬉しそう。“女の子”というだけあって写真うつりもしっかり考えているのか…、ナナメ45度の角度がまた可愛くないですか?(笑)

出会いは
あ・ま・が・み♡

「好きになった相手が、たまたま人間だったの…♡」

Rickさんとサメが出会ったのは、2011年の秋。寄ってきた子どものポートジャクソンネコザメにふくらはぎを噛まれたのだそう。

でも、不思議と痛みはなかったんだとか。サメは甘噛みしてきたあと、Rickさんと一緒に楽しく泳いだということです。

それからというもの、シーズンにつき2回ほど潜るRickさんを、サメは心待ちにしているのだそう。他のダイバー仲間に話すと、

本当にそんなことあるの?

と驚かれるらしいのですが…。

兎にも角にも、写真を見れば仲良しなのは一目瞭然!これからも、Rickさんとサメの交流はあたたか〜く続いていくことでしょう♪ 【TABI LABOのsarahahができました◎】 ・TABI LABOでこんな記事が読みたい
・こういう記事が好き
・何か聞きたいこと、伝えたいこと などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ!Licensed material used with permission by Rick Anderson

関連記事リンク(外部サイト)

「ウォンバット」と一緒にオーストラリアの奥地を探索できる、ほのぼのゲーム。
足を奪われたサーファーが「サメをかばう理由」
10,000匹を超えるサメがビーチに集結!?一体なにが・・・

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。