体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

僕たちを怠け者にする「セグウェイの将来性」

僕たちを怠け者にする「セグウェイの将来性」

先日、アリゾナ州テンピで、Uberによる自動運転車が死亡事故を起こしました。

ドライバーがよそ見をしていた様子が分かる映像が公開され、たくさんの意見が飛び交い、自動運転のあり方が問われています。

今後の動きがどうなるかは予測し難いですが、この技術がメインストリームになる日が来るのは間違いなさそうです。

そんな未来では、車以外の自動運転化はどのようになっていくのでしょうか。

1つのアンサーとして、こんなカタチがあるのかもしれません。

“自動運転”の小型セグウェイ

僕たちを怠け者にする「セグウェイの将来性」

Indiegogoでクラウドファンディング中の「Loomo」は、約6,000万円を集めるほどの人気製品です。

ただし、現時点では自動運転化は果たしていません。これ以外のポイントで、たくさんの人からサポートを受けているようです。

例えば、搭載されたカメラでの撮影。人の動きを捉えて、自動で追従してくれる機能。

どんな人が乗っても、自分でバランスをとってくれるのだとか。しかも、AI搭載。

確かに欲しくなる気持ちも分かります。

だけど、もう少し待てば、自動運転も可能になるのではないでしょうか。

必要になりそうな人工知能やモーションセンサー、自律走行などのスペックがあるわけですから。

本当に実現したら、歩く頻度もかなり減りそうです。ちょっとした外出も楽しくなりそうなんだよな〜。Licensed material used with permission by Segway Robotics

関連記事リンク(外部サイト)

Uberが自動運転トラックを開発。安全に運ぶのは人だけじゃない
世界初・自動運転でやってくる「スーパーマーケット」
自動運転の「Uber」始動。ポイントは橋の認識らしい(米・ピッツバーグ)

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。