体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お花見やピクニックにぴったりのトートバッグ「nonomana ノノマナ」

お花見やピクニックにぴったりのトートバッグ「nonomana ノノマナ」
おしゃれなエコバッグやトートバッグで人気のROOTOTE(ルートート)から、お花見やピクニックにぴったりのバッグをご紹介。

お気に入りのバッグがひとつあれば、お出かけの機会がもっと増えそうです。

「nonomana(ノノマナ)」を片手にもっと外遊びを。

お花見やピクニックにぴったりのトートバッグ「nonomana ノノマナ」
外遊びをもっと身近で快適に楽しむために作られたトートバッグ「nonomana(ノノマナ)」。特別な日じゃなくても、楽しむ気持ちさえあれば何でもない日も「ハレの日」になるもの。そう、『不思議の国のアリス』でアリスたちが「なんでもない日おめでとう」と歌ったように。

お花見やピクニックにぴったりのトートバッグ「nonomana ノノマナ」
身近な場所で、気の合う仲間と。手作りの料理を持ち寄るのもいいけれど、デリやおつまみをテイクアウトして気軽に集まるのもいい。トートバッグにおいしいものを詰め込んで、向かう先は近くの公園、あるいは見晴らしのいい屋上のテラス。気持ちの良い風とおいしい食事、自然と弾む会話。ハレの日は、自分で作る。そんな日常もいいものです。

日本ならではの情緒を楽しむ春を。

日本に古くからある、野点(のだて)や野掛(のがけ)といった、自然の中で四季折々の景色を楽しむという美意識。それは今に置き換えても、日常のふとした瞬間の中に存在しています。木の葉や空の色の移ろい。空気の温度。一歩外に出ると肌で感じる季節や時間の移り変わり。

お花見やピクニックにぴったりのトートバッグ「nonomana ノノマナ」
外で過ごす時間は楽しい。だからこそ、自然の中で楽しんだあとはゴミを持ち帰るのがマナー。食べ終わったお皿はノノマナへ。あたり前のことを誰もがちゃんと考えて、最後まで楽しいひとときを過ごせますように、という思いから生まれた「nonomana(ノノマナ)」。外遊びをもっと身近で快適に楽しむために作られたトートバッグです。

内側に市販のポリ袋をセットできるので汁物を入れても安心。中のポリ袋を取り替えるだけで何度でも使えるのも魅力。環境のことや使い勝手を考えて、細かいところまでこだわっています。

お花見やピクニックにぴったりのトートバッグ「nonomana ノノマナ」
さっと取り出せるサイドポケットも便利

お花見やピクニックにぴったりのトートバッグ「nonomana ノノマナ」
最後に“結ぶ”。その日本の所作を大事にするデザイン

お花見やピクニックにぴったりのトートバッグ「nonomana ノノマナ」
nonomana-M (市販の15ℓサイズポリ袋に対応)
価格:3,900円+税  
サイズ:W23×H26×D20cm 
持ち手:長さ30cm(クッション材入り)

nonomana-L (市販の20ℓサイズポリ袋に対応)
価格:4,800円+税  
サイズ:W32×H34×D18cm 
持ち手:長さ30cm(クッション材入り)

HP http://ROOTOTE.jp
【SHOP LIST】 http://rootote.jp/news/product/ohanami_nonomana/

[PR TIMES]
お花見やピクニックにぴったりのトートバッグ「nonomana ノノマナ」

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。