体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅人におすすめの米子の観光スポット15選

旅人におすすめの米子の観光スポット15選

鳥取県の米子市は、山陰のほぼ中央に位置しており、山陰を代表する商都として栄えた歴史があります。また、美しい日本海の海岸線を持つ風景も素晴らしく、風光明媚な街としても知られています。かつては米子城を中心とした城下町として栄え、現在も昔の街並みが残る加茂川沿いでは、他の場所にはない歴史やロマンを感じることができます。

今回の記事では、そんな米子へ旅行で行った際に訪れたい観光スポット15選をご紹介していきます。

 

米子市美術館

Kelvin Wuさん(@wsmk1eun6)がシェアした投稿 – 11月 28, 2017 at 7:20午前 PST

米子市美術館は、1983年に開設された山陰地方初の公立美術館です。植田正治、前田寛治、香田勝太など郷土ゆかりの作家の作品1,800余点を収蔵・展示しており、学芸員による展覧会のツアーやワークショップにも力を入れています。
■詳細情報
・名称:米子市美術館
・住所:鳥取県米子市中町12
・公式サイトURL:http://www.yonagobunka.net/y-moa/

 

米子水鳥公園

shoko.oさん(@hatch_furniture)がシェアした投稿 – 4月 24, 2016 at 7:33午後 PDT

こちらは、米子市彦名町にある湿地公園で、コハクチョウの西日本最大の集団越冬地である中海に面しています。毎年100種類以上かつ最大約10,000羽の野鳥が確認される場所で、野鳥を近くで見たり、望遠鏡で観察することができます。
■詳細情報
・名称:米子水鳥公園
・住所:鳥取県米子市彦名新田665
・公式サイトURL:http://www.yonago-mizutori.com

 

天の真名井

ノグさん(@takao_noguchi)がシェアした投稿 – 8月 14, 2017 at 10:49午後 PDT

天の真名井は、環境庁が選定する「名水百選」にも選ばれた地下水が湧出する場所で、水量は1日に約2,500トンにも上ります。インスタ映えする茅葺屋根の水車小屋があり、遊歩道も整備されているので散歩にもピッタリです。
■詳細情報
・名称:天の真名井
・住所:鳥取県米子市淀江町高井谷
・公式サイトURL:http://www.city.yonago.lg.jp/9879.htm

 

伯耆古代の丘公園

@finaspringがシェアした投稿 – 6月 25, 2017 at 8:49午後 PDT

伯耆古代の丘公園は、土器作り、はにわ作り、土笛作りなど古代の生活にチャレンジできる観光スポットで、まるでタイムスリップしたかのような気持ちになれます。また40種類の蓮花のギャラリーもあり、開花の季節にはその美しい姿を堪能できます。
■詳細情報
・名称:伯耆古代の丘公園
・住所:鳥取県米子市淀江町福岡1529
・公式サイトURL:http://www.hakuhou.jp/oka_top.html

 

弓ヶ浜

S A H Oさん(@saho_0121)がシェアした投稿 – 2月 13, 2018 at 4:27午前 PST

弓ヶ浜は、日本の渚100選にも選ばれている有名なビーチで、米子市と境港市にかけて美保湾と中海を隔てた弓ヶ浜半島の東側にあります。弓のように美しい弧を描く、素晴らしい海岸線の景色を楽しむことができます。
■詳細情報
・名称:弓ヶ浜
・住所:鳥取県米子市夜見町

 

米子市立山陰歴史館

本日のおめあて。 #狸坊米子 #狸坊因伯

ISHIKAWA Kiyoharuさん(@tanukiboya)がシェアした投稿 – 2月 10, 2016 at 8:17午後 PST

かつての米子の姿を今に伝える山陰歴史館は、遠くから見ても目を引く、赤レンガのレトロな洋館です。建物自体は昭和5年に建てられたもので、かつては米子市役所として長い間市民に親しまれてきました。建築当時は山陰随一の規模であり、市の有形文化財にも指定されています。
■詳細情報
・名称:米子市立山陰歴史館
・住所:鳥取県米子市中町20

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。