体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで本物の魚! MIT、海の中を自由に泳ぐ魚ロボット「SoFi」を開発

海の中を撮影したり、水中生物を観察したりするには、大掛かりな機械を投入することが多い。最近は、小型の水中用ドローンが開発されているが、それでも小回りがきくという感じではない。

また、そうした水中機器はプロペラなどで推進力を得ているため、音や泡、動きで周辺の魚を驚かせてしまうこともある。そこで、米国マサチューセッツ工科大学コンピューターサイエンス・AIラボ(CSAIL)が開発したのが魚そっくりの「SoFi」。本物の魚同様に体をくねらせて尾びれを動かし水中を自由に泳ぐロボットだ。

・ケーブルフリーで自在

写真を見てもらえばお分かりの通り、SoFiは丸みを帯びた頭部に横長の胴、胸びれ、背びれ、尾びれを備えている。動くのはシリコン製の尾びれのみのようだが、それを搭載するアクチュエータで左右に振りながら泳ぐ。その様はなかなかリアルだ。

SoFiは前進するだけでなく左右にターンしたり、潜ったり浮上したりすることも。大方の水中ドローンはケーブルで船上につながれているが、SoFiはケーブルフリー。驚くことに、人が操作しなくても自動で泳ぐのだ。

・魚に混ざって泳ぐ!

SoFiの行動範囲は水深18メートルまで。時間にして40分泳ぐことができる。ケーブルフリーではあるが、音超音波を使ってリモコン操作も可能とのこと。

CSAILのチームが実際にサンゴが広がる海でSoFiを作動させた動画を見ると、周囲の魚に馴染んで一緒に泳いでいることが確認できる。

研究チームは今後、SoFiの泳ぐスピードをアップさせるなど改良を図っていくとのことで、いずれ海洋生物調査で活躍する日がきそうだ。

MIT

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy