体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大炎上】人気アニメ「メルヘン・メドヘン」の作画が崩壊 / キャラの顔と骨格が変「ボブネミミッミを観ているようだった」

maerchen-maedchen3

人気テレビアニメーション「メルヘン・メドヘン」の作画があまりにも酷いクオリティで放送されたため、視聴者から失望と怒り、そして失笑の声があがっている。原作小説のファンはアニメの酷さにブチギレ激怒しており、炎上状態になっている。

・不自然な頭部をしたキャラクター
問題視されているのは、2018年3月に放送された「メルヘン・メドヘン」第九話。キャラクターのデッサンが崩壊しており、首をへし折られたかのような不自然な頭部をしたキャラクターも出現。また、表情も崩壊しており、同一人物でありながら、シーンによって統一性のない「別人のような顔」となる。ジャンプした瞬間、さっきとは違う骨格になっているキャラクターもいる。

さらに、キャラクターが集合して大事な話をしているのに全員の目線が別の方向を向いていたり、座っていたかと思えば立っていたり、立っていたかと思えば座っていたり、とにかく何から何までナンセンス。

・その責任は重大
「メルヘン・メドヘン」は以前から作画崩壊が問題視されており、インターネット上ではクレームの嵐となっていた。予算が足りないのか、人員が足りないのか、それともスタッフにスキルがないのか、その原因は不明だが、アニメーション制作はフッズエンタテインメントが担当しており、その責任は重大だ。

メルヘンメドヘン放送2週間延期したのに作画悪化してるのほんと草 pic.twitter.com/dzYGi181XD

— うーる (@umityan315) 2018年3月22日

第9話のメルヘン、メドレン
二週間の延期をもらっているのにあの作画崩壊は、中々のものです
ファンである自分もあれは、少し抵抗があります(泣)#メルヘンメドヘン #メルヘンメドヘン 作画 #メルヘン・メドヘン #作画崩壊 #アニメ pic.twitter.com/taNE854IGr

— 青のごちうさ難民、リゼ可愛いあっちこっち (@UbZGrvNzJfecfQ0) 2018年3月23日

メルヘンメドヘン9話 作画崩壊w pic.twitter.com/GfJixYAbp7

— めぐみ (@Megumi000613) 2018年3月23日

maerchen-maedchen2
maerchen-maedchen1
maerchen-maedchen

・第九話の放送を2週間延期
ちなみに、第八話の放送終了後、あまりにも作画が崩壊していたため、クオリティアップを理由に第九話の放送を2週間延期。しかしクオリティアップしているはずの第九話が作画崩壊しており、視聴者かがブチギレ激怒した流れとなっている。

・ボブネミミッミみたいだった
あまりにも作画がヤバイため「ボブネミミッミを観ているようだった」との声も出ている。ボブネミミッミ(ポプテピピック)とは、もともと作画が崩壊しているアニメ作品である。はたして「メルヘン・メドヘン」はこの先生きのこることはできるのか?


メルヘン・メドヘン 第一話 「物語症候群」 

もっと詳しく読む: 人気アニメ「メルヘン・メドヘン」の作画が崩壊 / キャラの頭が変なデッサンに(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/03/23/maerchen-maedchen-sakuga/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。