体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NakamuraEmi、 話題の新曲は「人間臭いことを若い人に伝えたい」

NakamuraEmi、 話題の新曲は「人間臭いことを若い人に伝えたい」
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。3月21日(水・祝)のオンエアでは、シンガーソングライターのNakamuraEmiさんが登場。生演奏を披露しました。

NakamuraEmiさんは、神奈川県厚木市出身。放送当日に3枚目のアルバム「NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5」をリリースしました。この日は朝早くの生放送に来てくれましたが、普段は起きてから15分ほどは猫にくっついて、顔を埋めたりしながら「起きなくちゃいけないぞ」と気持ちを切り替えるそうです。

アルバムは、作詞・作曲の全てをNakamuraEmiさんが手がけています。どのように制作していくのでしょうか。

NakamuraEmi:その日の出来事や、悩んだ事などを日記のようにノートに書いて、それがどんどんたまって、歌詞になって一つの曲になっていきます。アルバムはコンセプトを作るというよりも、そのときに作った曲が集まって、今の私はこんな事を言いたかったのか、分かるようになっているという感じです。
別所:無意識の中の何かが呼び起こされているところがあるんですか?
NakamuraEmi:そうですね。後から、気づかされます。

放送では、アルバム収録曲から「新聞」をカワムラヒロシさんのギターの演奏でお届けしました。この曲は、J-WAVEの番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」で放送するためのCMソングとして、朝日新聞からのオファーを受けてNakamuraEmiさんが作った曲です。

【放送はこちら】NakamuraEmi「新聞」生演奏の音源を聴く

NakamuraEmi:ノートにも新聞の事を書いていたので、ナチュラルに書けました。昔に比べると、今はすごく便利だけど、昔は人と人とがコミュニケーションを取ったり、語感を感じて生きていて、新聞と合わせて歌詞にできた曲です。
別所:ご自身の体験を含めて、インスピレーションに繋がってるんですよね。
NakamuraEmi:今は、運動会の徒競走でも、手を繋いでゴールをすることがあって、「ビリだったから、もっと頑張ろう」と思ったり、「自分には向いてないから、違うことを頑張ろう」とか、そういう思いを生む競走だったりとか、そういうことがどんどん減ってきてると思ったんです。面倒臭いこともあるけど、人間臭いことをこれから残すにはどうしたらいいかと思って、人間臭いことを味わっている私たちが、若い人に伝えようと思いました。

曲を聴いた別所は思わずほっこり。NakamuraEmiさんは、普段は家にこもることが多いそうで「日常生活を、もうちょっと明るいものにしたいと思って、もっと外に出て人に会おうと思います」と話していました。5月からは全国ツアーが始まります。ぜひチェックしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時?9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy