体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テクノロジーとコンテンツの未来を知るための電子書籍 シリーズが配信開始  PHP研究所から2タイトル同時刊行

テクノロジーとコンテンツの未来を知るための電子書籍 シリーズが配信開始  PHP研究所から2タイトル同時刊行

 電子書籍“エンターテックブック”シリーズの第1弾として、『日本人のためのグローバル著作権ビジネス講座』、『クラブカルチャーの未来と風営法改正』の2タイトルが3月23日にリリースされた。

 この“エンターテックブック”は、東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ主催のニューミドルマン養成講座の講義内容をもとに制作されたもの。エンターテック・エベンジェリストの山口哲一がオーガナイザーとなり、現在世界で進行している新しい音楽ビジネスとテクノロジーのかかわりのなかでコンテンツ業界を牽引する講師が、ハイブリッドな展開を実現するための知恵を与える講義となっている。

 今回は第1弾として、アーティストやアスリートの代理人を数多く担当する弁護士、クラブカルチャーの発展のため風営法の改正に尽力した弁護士、それぞれの講義がもとになった作品で『日本人のためのグローバル著作権ビジネス講座 今、世界で起きている著作権バトルと成功のための未来予測』(山崎卓也、山口哲一)、『クラブカルチャーの未来と風営法改正 法改正から生まれた夜の価値』(齋藤 貴弘、山口 哲一)の2タイトルをリリース。今後も順次タイトルを増やしていく予定とのことだ。

 また、ニューミドルマンラボは、オンラインコミュニティを運営しながら、年4回の養成講座を始め、定期的にイベントを行っている。4月1日は【ニューミドルマンデイVol.3「音楽未来予測」~テクノロジー革命が音楽ビジネスに与えるもの~】と題して無料イベントが予定されている。

◎リリース情報
「日本人のためのグローバル著作権ビジネス講座」、「クラブカルチャーの未来と風営法改正
Kindleストア(Amazon):http://amzn.to/2FXiZsT
※他、iBooks、Googleプレイ ブックス、紀伊国屋WEBストア等、約50ストアにて配信

◎イベント情報
【ニューミドルマンデイVol.3「音楽未来予測」~テクノロジー革命が音楽ビジネスに与えるもの~】
日時:2018年4月1日(日) 13時半開場、14時開演(16時30分終了)
会場:東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ
入場無料(peatix事前申込制)

関連記事リンク(外部サイト)

坂本冬美インタビューが書籍化! 五木ひろしとの新曲MVも公開(作詞作曲:いきものがかり水野良樹)
細野晴臣 映画エッセイ「映画を聴きましょう」書籍化
佐藤竹善の28年を掘り下げる書籍『シング・ライク・トーキング』小田和正/鈴木雅之/スキマスイッチらも登場

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。