体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フューチャー、サントラを手掛ける映画『スーパーフライ』リメイク版のトレイラーに新曲が起用

フューチャー、サントラを手掛ける映画『スーパーフライ』リメイク版のトレイラーに新曲が起用

 フューチャーは先日、2015年にミックステープ『What a Time to Be Alive』でコラボしたドレイクと再びタッグを組んだ新曲をSnapchatでプレビューしたばかりだが、今度は自身が音楽を手掛けている新作映画『Superfly』(スーパーフライ、原題)のティーザー映像をTwitterで公開した。

フューチャーによる投稿

 彼は2分20秒の予告映像に、「俺の音楽をフィーチャーしている@SuperflyMovieの予告を見てくれよ…… #SUPERFLYは今年の夏に劇場でキャッチしてくれ」と添えてツイートしている。予告で使われている曲はシンセサイザーを用いたトラップで、フューチャーが“You can walk on minks, baby” (ミンク(の毛皮)の上を歩けるぜ、ベイビー)と繰り返している。

 『Superfly』は1972年に公開された『スーパーフライ/Super Fly』のリメイクで、トレヴァー・ジャクソンがヤングブラッド・プリースト役、ジェイソン・ミッチェル(『ストレイト・アウタ・コンプトン』)がエディー役で主演している。他にもラッパーのビッグ・ボーイやリック・ロス、音楽プロデューサーのZaytoven、『ザ・ワイヤー』で知られる俳優のマイケル・K・ウィリアムズなどが出演しており、フューチャーはサウンドトラックのキュレーションと共にジョエル・シルバー(『The Nice Guys』、『シャーロック・ホームズ』)と共同製作も手掛けている。

◎フューチャーによる投稿
https://twitter.com/1future/status/976671127178285057

関連記事リンク(外部サイト)

豪華ゲスト参加の硬派なナンバー、ビヨンセの見事なフロウは必聴 / 「トップ・オフft.ジェイ・Z、フューチャー&ビヨンセ」DJキャレド(Song Review)
フューチャー、新曲「I.C.W.N.T.」を公開
テイラー・スウィフト、エド・シーラン&フューチャー出演の「エンド・ゲーム」MVを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。